つわりの時は食べ物の好みが変化する

つわりのときは栄養のことを特に意識しなくても、自分が「食べられるもの」を食べていれば大丈夫だといわれています。例えば普通の揚げ物が全くダメな時でも、なぜかマクドナルドのフライドポテトは大丈夫だという方もいます。逆に食べたくて仕方なかった、という人もいます。「かっぱえびせん」などのお菓子もそういった例にはいります。

 

かっぱえびせんを食べてもつわりがおさまった。あとは、かっぱえびせんの袋を開けて口と鼻を覆い、スーハーしている時だけでもつわりが治ったという方もなかにはいます。傍目からみればかなり変かもしれません。しかし、一人目の妊娠の時は大丈夫でも、二人目の妊娠の時はぜんぜん効かないということもあります。

 

妊娠してから、自分なりに「これは」というものが見つけられると良いと思います。わたしは、いつもさっぱり目のものが食べたかった覚えがあります。おそばやうどんなどをよく食べていました。グレープフルーツのジュースは妊娠初期の頃はよく飲みたくなったりしていましたが、途中からはあまり飲めなくなったような覚えもあります。