つわりの軽減に気分転換をしてみよう

つわりの時にはなるべく外にでるようにしてみるのも良いでしょう。妊娠していないときなどでも、何も食べたくないけれど、食べなくてはいけないときがあると思います。それと同じように、動きたくない時や起きたくないという時もありますよね。しかし、とにかく少しだけでも体を動かしてみるとよいでしょう。家にこもりきりになっていれば体がラクになるような気がするかもしれません。

 

しかし、自分のつわり症状や吐き気などにどうしても気が向いてしまいますので、気分がどんよりしてしまうこともあると思います。そして、どんどん気が滅入ってしまうことがあると思います。これはつわりの時に限らず、ちょっと調子が悪いのだけれども思い切って外に出てみたら、気が紛れることがあります。気がついたら頭痛などが治っていたという経験を持っているかたもいると思います。

 

思い切って外に出てみましょう。そして新鮮な空気を吸ってみましょう。誰かと話をすることが一番気が紛れることだと思います。友人などを訪ねてみたり人と話が出来るところに行てみるとよいでしょう。または映画を見に行ったりするのもよいかもしれません。胃がむかむかするといたつわり症状を防ぐことができるかもしれません。映画独特の高揚感や、大きなスクリーンを前にすれば気分の悪さを忘れられるかもしれません。