つわり対策に家事・育児の協力

小さいお子さんがいてつわりがひどくても休めないというお母さんもいると思います。お子さんはママが一番要求がわかってくれるため、「ママ、ママ」とくっついてはなれなかったり、自分でできるのに「やって、やって」とお願いしたりすることもあると思います。お子さんがママを色々な要求のターゲットにする前に、旦那さんに少し協力を促してみてもよいかもしれません。

 

たとえば上の子を学校や園に送り出すことをお願いしてみたり、小さいお子さんには食事をさせてもらうなどの子供の面倒をみてもらえるように「仕向ける」ことをお勧めしたいとおもいます。夫にこれらの「育児仕事」を引き継ぐことは、ゆくゆくはお腹の赤ちゃんが生まれてきた後の数週間のために必要な準備期間でもあるのです。

 

そして、旦那さまが何かしてくれたら、必ず「ありがとう、本当に助かったわ」というように感謝の言葉を伝えてあげるとよいでしょう。そうすれば、きっとまた助けてくれるはずです。別に旦那さまでなくても、上のお子さんが自分で出来ることがあるかもしれませんのでお兄ちゃんやお姉ちゃんになる初めの一歩として、なにかをお願いするというのも良いと思います。