空腹時のつわり軽減対策は?

もしも、空腹感が押し寄せたときには、ささっと口に入れられるものが何かあると良いと思います。もしも、何もなかった場合にはつわりの症状が押し寄せてきてしまうかもません。そのこおを予防するためには、仕事や用事で外出するときには安心して食べられるものを用意しましょう。小分けやスティックタイプのビスケットやキャンディー、また小さなペットボトルの飲み物などが良いでしょう。

 

そして家の中にいる時でも、すぐ食べられてつわり症状を悪化させない食べ物を、常に切らさないように用意しておくと良いでしょう。つわり中であっても、毎日の家事やお子さんがいれば育児など誰かがやらなくてはならないと思います。普段はママがやっていた仕事であっても、つわりがひどい時にはなかなか出来ないことがたくさんあると思います。

 

吐き気がしていて仕方がない時であっても、子どもは「ママ、ママ、あれやって!」というように色々頼んでくるかもしれません。ママのほうはつわりの症状がつらければ「少し休ませて・・」と言いたくなると思います。お子さんに言い聞かせをできるのであればつわりの症状が落ちつくまで「具合が悪いからちょっと休ませて」といってベッドでじっとしていたほうがよいでしょう。