つわりを軽減する服装を心掛ける

つわりを対処するための方法、そして軽減するための方法に快適な服装で過ごすということがあげられます。つわりが始まったら体を締めないようにしてリラックスすることができる服装を心がけたほうがよいでしょう。多くの女性は、腹部やウエスト、首などを圧迫されると不快を感じてしまいつわりが起こりやすくなります。つわり中はあまりお腹のふくらみも少ないので妊娠する前の服を着続けている方もたぶん多いと思います。

 

ただ、お腹が全く膨らまないわけではありません。個人差もあるとおもいますが、お腹は日をおうごとに確実にふくらんできます。マタニティウェアだと、だぶついていかにも妊婦って感じでいやだなと思うかもしれません。また職場には着ていけない服装だなというような理由で、今までの服を頑張って着てしまう方もいるかもしれませんよね。しかし、お腹の赤ちゃんの成長を妨げるため早めに「衣替え」をしたほうがよいえしょう。

 

以前はマタニティウェアというと、だぶっとしたワンピースが殆どのスタイルだったと思います。しかし、チュニックの流行してかrがらりと様変わりしました。今では、普通の服と全く変わらないようなマタニティウェアもたくさんあります。また、仕事を持つプレママも増えていることが背景となって仕事でも着ていけるマタニティ用のスーツや、ぴしっとしたスタイルの服などもあります。