つわりは前向きな気持ちで乗り切ろう

つわりは人によってその症状や重さなども違うとおもいますが、色々な対策方法があります。その中のひとつに前向きな気持ちでというものがあります。つわりの時期はなにかと気が滅入りがちになってしまいます。「どうして私だけこんなにつらいんだろうか?」、また「どうしてこのような思いをしなければいけないのだろうか?」というようにどちらかというとネガティブな気持ちを持ってしまうことがあります。

 

そのような場合には、つわりに苦しむあなたのつらさを分かち合ってくれる友人を見つけるとよいでしょう。この場合の友人とは、同じような状況にありあなたの気持ちを理解してくれるという人です。たとえば普段は仲が良い友人であったとしても、つわりの経験がない人やつわりの症状が軽かった人、すでにつわりの辛かったことをすっかり忘れてしまっている人などもいます。

 

あなたがつわりの苦しさを話したとしても、もしかしたらあまり共感を得られないのかもしれません。一番わかってくれるのは、当然かもしれませんが「同じような苦しみを味わったことがある」人だとおもいます。つわりはストレスが大きいと症状も重くなってしまいますが、そのストレスは適切な話し相手をみつける。そして話すこと発散することもできると思います。