スポンサード リンク
つわりに効くホメオパシーのプルサティラ

プルサティラは、子供と女性のためのレメディというように呼ばれています。お子さんが麻疹などにかかったときにも活躍するレメディなのです。セルフケアにおいてはカタル症状などにも使われています。鼻や耳の炎症で、濃く黄緑色の粘液を分泌するような風邪にたいして適応があります。胃腸の不調でも活躍します。

脂肪の多い食べ物をたべたことによる胃もたれや下痢などにも効果があります。そして食べすぎから起こる場合には、ナックス・ボミカとの鑑別が必要となります。プルサティラは専門家によって処方されるのですが体質改善に役立つレメディの代表だといえます。セルフケアでの使用の適用を専門家に決めてもらうとよいかもしれませんね。

つわり向けレメディとしてはサルファもあります。このレメディが効くつわりの種類としては体がほてりやイライラを伴うような吐き気です。唾液の分泌が多くなりますので、それにともなって吐き気がすることがあります。また体にかゆみを伴うこともあります。サルファは、ホメオパシーの発見者であるハーネマンがホメオパシーを活用してから多くのいろいろな問題にたいして処方されてきました。そして結果を出ているレメディのひとつです。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース