スポンサード リンク
つわり対策とツボ押し

つわり対策にはつわりに効くツボを試してみるとよいでしょう。東洋医学または西洋医学のどちらにおいても、手首内側のしわから約3センチくらいの体よりのところにツボがあります。その場所を刺激してあげると、つわりやその他の吐き気などに聞くといわれています。お腹やおへその周りなどにも、つわりに効くツボはあるようなのですが、妊娠中はお腹の辺りを押すのはあまり良くないため、他の部分のツボを使った方が賢明だと思います。

「ツボ探検隊」(http://www.shinkyu.com/burashi.html)というサイトがあります。このサイトにはつわりに効くツボについて解説されています。つわりに効くツボのブラシマッサージ方法というものがあります。まずは手に収まる大きさの動物毛の「ボディブラシ」を用意しましょう。このブラシで、軽くリズミカルにサッサッとこすってあげます。ブラシを強く体に押し付けてこすったりしないようにしましょう。ツボマッサージを行う順番は次のとおりです。①顔から上の頭部を全体的におこないます。②首の後ろ全体と、首の付け根から肩にかけておこないます。③背中~腰の辺りまでおこないます。④両手のひじ周辺と、ひじから手首周り、指先までおこないます。⑤両膝の下から足の指先までおこなます。特に足指先や足首周り、ひざ下外側のラインは密度を濃くしてあげましょう。

足首のあたりには「三陰交」と呼ばれる有名なツボがあるといわれています。正確には、内くるぶし(足首の内側で骨が少し出っ張っている場所)の最も高いところから、だいだい指4本分上にあります。このツボは「女性の健康全般に効くツボ」といわれており、つわりを含めた妊娠関係に限らなくても生理痛や冷え性あるいは更年期障害などに用られています。また「安産のツボ」ともいわれています。安産のツボというと妊娠初期には押してはいけないと思われるかもしれません。妊娠に気づいたときから出産する前まで使えるツボなのです。押すと少し痛みを感じるところがツボの場所となりますので念入りに押してみましょう。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース