スポンサード リンク

つわりは人によってその症状や重さなども違うとおもいますが、色々な対策方法があります。その中のひとつに前向きな気持ちでというものがあります。つわりの時期はなにかと気が滅入りがちになってしまいます。「どうして私だけこんなにつらいんだろうか?」、また「どうしてこのような思いをしなければいけないのだろうか?」というようにどちらかというとネガティブな気持ちを持ってしまうことがあります。

そのような場合には、つわりに苦しむあなたのつらさを分かち合ってくれる友人を見つけるとよいでしょう。この場合の友人とは、同じような状況にありあなたの気持ちを理解してくれるという人です。たとえば普段は仲が良い友人であったとしても、つわりの経験がない人やつわりの症状が軽かった人、すでにつわりの辛かったことをすっかり忘れてしまっている人などもいます。

あなたがつわりの苦しさを話したとしても、もしかしたらあまり共感を得られないのかもしれません。一番わかってくれるのは、当然かもしれませんが「同じような苦しみを味わったことがある」人だとおもいます。つわりはストレスが大きいと症状も重くなってしまいますが、そのストレスは適切な話し相手をみつける。そして話すこと発散することもできると思います。

つわりの対処法、そして軽減法についてご紹介したいとおもいます。つわり対策にはとにかく寝る事も大切です。ひたすら寝ることによってつわりの苦しみから逃れることもできます。苦しいつわり時期には「休息」をとったほうがよいのです。プレママにとっても貴重なものだといえます。中には、不眠がちで寝ようとしてもどうしても寝むることができないというかたもいます。

そのようにベッドで休むことが助けにならないというかたも中にはいるのです。このような場合は、とにかく胃に意識が集中しないようにしましょう。なにか気を紛らわせるものを探す必要があります。起きぬけの「胸のムカムカ感」を避けるためには、寝る前に最後の軽食をとりましょう。できれば果物や腹持ちのいい炭水化物などをとるようにしましょう。

これらは、寝ている間にだんだんと血液の中へとエネルギーを補給してくれます。そしてぐっすりと眠らせて簡単に目が覚めさせないようにしてくれる働きもあります。これらの軽食を食べるときには、胃の中の酸を中和してくれるような食べ物がよいです。たとえば牛乳やアイスクリーム、ヨーグルトなども一緒にとるとよいでしょう。こういった食べ物は胃酸を中和してますので睡眠へと導いてくれます。

つわりの時は、吐いたすることもありますよね。また、つわりで胸焼けがすることもあるとおもいます。そのような場合には、満足な睡眠がとれない夜が多いとおもいます。眠れないということはつわいですよね。気持ちが乱れたままで眠らないように、寝る前に本を読んでみたり、何か好きなことをしてリラックスできるとよいとおもいます。

たとえば赤ちゃんが生まれてからの楽しみを夫や家族と話してみたりするのもよいでしょう。あとはおなかの赤ちゃんに話しかけたりすることを楽しんでいたりすればリラックスすることができて寝付きやすくなるというかたも多いので、試してみるとよいでしょう。またつわり対策として胃液の逆流を防ぐことも大切です。

つわりの時は吐き気があったり、実際に吐くだけでは足りないのか多くの女性が胸のむかむかした感覚や、胸焼けを経験することがあります。このむかむかする感覚は、胃液が胃から食道を通ってしまい逆流してくることで発生します。妊娠ホルモンによって胃壁や胃の入り口である弁が緩んでいるため、妊娠中には起こりやすくなっているそうです。

つわりによる胸のむかつきは、つらいものですよね。このような胸のむかつきのための最善の治療方法は、「重力を利用する」ということです。胃の出口が入り口よりも常に低い位置にあると胃液が逆流してくるのを減少させることもできます。あおむけで寝るといった姿勢は、実はとても胸焼けを起こしやすいものです。つわりがある時には食後などに気分が悪くなることも多いです。

そして、そのまますぐに横になってしまいたいと思いがちなのですが、上体を起こす姿勢か、またはどうしても横になりたいのであれば少し体を起こし気味にしましょう。このときに枕を高めに積んだりしてみるとよいでしょう。そして、姿勢についてもお腹のあたりは圧迫しないように気をつけたほうがよいでしょう。お腹のあたりを圧迫してしまうと気分の悪さを引き起こす可能性が高いそうです。

また、横になるときには、胃の消化機能の関係から体の右側を下にする姿勢がよいとされています。ただし、この点については個人個人によって異なることもあります。これは、あくまでつわり中の場合ですが、左側を下にしていたほうが大丈夫だったのに、寝返りをして右側を下にしてみたらそのとたんに、吐き気がでてきてしまったということも有り得るそうです。

つわりを対処するための方法、そして軽減するための方法に快適な服装で過ごすということがあげられます。つわりが始まったら体を締めないようにしてリラックスすることができる服装を心がけたほうがよいでしょう。多くの女性は、腹部やウエスト、首などを圧迫されると不快を感じてしまいつわりが起こりやすくなります。つわり中はあまりお腹のふくらみも少ないので妊娠する前の服を着続けている方もたぶん多いと思います。

ただ、お腹が全く膨らまないわけではありません。個人差もあるとおもいますが、お腹は日をおうごとに確実にふくらんできます。マタニティウェアだと、だぶついていかにも妊婦って感じでいやだなと思うかもしれません。また職場には着ていけない服装だなというような理由で、今までの服を頑張って着てしまう方もいるかもしれませんよね。しかし、お腹の赤ちゃんの成長を妨げるため早めに「衣替え」をしたほうがよいえしょう。

以前はマタニティウェアというと、だぶっとしたワンピースが殆どのスタイルだったと思います。しかし、チュニックの流行してかrがらりと様変わりしました。今では、普通の服と全く変わらないようなマタニティウェアもたくさんあります。また、仕事を持つプレママも増えていることが背景となって仕事でも着ていけるマタニティ用のスーツや、ぴしっとしたスタイルの服などもあります。

つわり対策にはつわりに効くツボを試してみるとよいでしょう。東洋医学または西洋医学のどちらにおいても、手首内側のしわから約3センチくらいの体よりのところにツボがあります。その場所を刺激してあげると、つわりやその他の吐き気などに聞くといわれています。お腹やおへその周りなどにも、つわりに効くツボはあるようなのですが、妊娠中はお腹の辺りを押すのはあまり良くないため、他の部分のツボを使った方が賢明だと思います。

「ツボ探検隊」(http://www.shinkyu.com/burashi.html)というサイトがあります。このサイトにはつわりに効くツボについて解説されています。つわりに効くツボのブラシマッサージ方法というものがあります。まずは手に収まる大きさの動物毛の「ボディブラシ」を用意しましょう。このブラシで、軽くリズミカルにサッサッとこすってあげます。ブラシを強く体に押し付けてこすったりしないようにしましょう。ツボマッサージを行う順番は次のとおりです。①顔から上の頭部を全体的におこないます。②首の後ろ全体と、首の付け根から肩にかけておこないます。③背中~腰の辺りまでおこないます。④両手のひじ周辺と、ひじから手首周り、指先までおこないます。⑤両膝の下から足の指先までおこなます。特に足指先や足首周り、ひざ下外側のラインは密度を濃くしてあげましょう。

足首のあたりには「三陰交」と呼ばれる有名なツボがあるといわれています。正確には、内くるぶし(足首の内側で骨が少し出っ張っている場所)の最も高いところから、だいだい指4本分上にあります。このツボは「女性の健康全般に効くツボ」といわれており、つわりを含めた妊娠関係に限らなくても生理痛や冷え性あるいは更年期障害などに用られています。また「安産のツボ」ともいわれています。安産のツボというと妊娠初期には押してはいけないと思われるかもしれません。妊娠に気づいたときから出産する前まで使えるツボなのです。押すと少し痛みを感じるところがツボの場所となりますので念入りに押してみましょう。

つわり対策をするときにストレスがあるかどうか考え見ましょう。つわりは「体」に起こることだと思います。そのため「心」に起こるのではありませんよね。しかし、心と体はつながっていると思います。脳と胃は、ナーバスな気持ちを分け合っているため、心が動揺してしまうと、あなたの胃も一緒に動揺してしまうのです。

多くの妊婦さんがこの「ストレス=つわり」のサイクルに陥ってしまっています。気分が悪くなるとさらにストレスがかかってしまうため、さらに気分が悪くなる、という仕組みなのです。つわりをなるべく軽くしたいなら、妊娠しているときにはこれまでの生き方を変えなくてはいけなくなるかもしれません。今のうちにストレスを軽くする方法を学んでおくとよいでしょう。

赤ちゃんが無事にうまれて、晴れてお母さんになった時に気持ちを穏やかに保つためにもとても役立つと思います。たとえば、「どうせ私なんか・・・」や「どうして私だけいつもダメなんだろう」といったようなネガティブな気分になりやすいお母さんは気持ちが滅入ってしまいますのでつわりの症状もひどくなりがちになってしまいます。

赤ちゃんが生まれた後も、そのようなネガティブな思考があると、お母さんの笑顔も少なくなってしまうと思います。赤ちゃんはとても、お母さんの気持ちや表情に敏感なものですから、一緒にいる赤ちゃんもつらくなってしまいます。「自分にはそういった傾向があるなぁ」と思い当たるかたは、今のうちに「前向きな自分」になれるように、心や考え方を変えていく努力をしてみましょう。

つわり対策には積極的につわりの予防について考えてみるとよいでしょう。つわりを引き起こす原因や原因となりそうなものが何か分かっているようであれば、それらを避けたり、予防するといった方法について色々と考えてみましょう。一時的に自分の生活の「標準レベル」を下げてみて便利な食品などを多用してみるとよいのかもしれません。

たとえば、料理のにおいが苦手なのであれば、比較的つわりの症状の調子が良い日に下ごしらえをするようにしましょう。また、料理を作りおきしておいて冷凍保存しておくこともできると思います。今は便利なのでお弁当やお惣菜なども簡単にスーパーなどで手に入ります。でも、買ったものに引け目を感じてしまうような場合には調子の良いときなどにお料理をつくってみるとよいでしょう。

ストレスなどもつわりの原因になってしまうので、調子の良さそうな日や時間帯を選んでお料理をしてみれば良いと思います。食材にもよりますが、冷凍すれば1週間くらい保存できるものなどもあります。冷凍ワザは有効に使ってみるとよいでしょう。調子が良いとはいっても料理のにおいを防いだほうがよいと思います。あらかじめマスクを着用しておけあ少しはにおいが防げて良いと思います。

もしも、空腹感が押し寄せたときには、ささっと口に入れられるものが何かあると良いと思います。もしも、何もなかった場合にはつわりの症状が押し寄せてきてしまうかもません。そのこおを予防するためには、仕事や用事で外出するときには安心して食べられるものを用意しましょう。小分けやスティックタイプのビスケットやキャンディー、また小さなペットボトルの飲み物などが良いでしょう。

そして家の中にいる時でも、すぐ食べられてつわり症状を悪化させない食べ物を、常に切らさないように用意しておくと良いでしょう。つわり中であっても、毎日の家事やお子さんがいれば育児など誰かがやらなくてはならないと思います。普段はママがやっていた仕事であっても、つわりがひどい時にはなかなか出来ないことがたくさんあると思います。

吐き気がしていて仕方がない時であっても、子どもは「ママ、ママ、あれやって!」というように色々頼んでくるかもしれません。ママのほうはつわりの症状がつらければ「少し休ませて・・」と言いたくなると思います。お子さんに言い聞かせをできるのであればつわりの症状が落ちつくまで「具合が悪いからちょっと休ませて」といってベッドでじっとしていたほうがよいでしょう。

小さいお子さんがいてつわりがひどくても休めないというお母さんもいると思います。お子さんはママが一番要求がわかってくれるため、「ママ、ママ」とくっついてはなれなかったり、自分でできるのに「やって、やって」とお願いしたりすることもあると思います。お子さんがママを色々な要求のターゲットにする前に、旦那さんに少し協力を促してみてもよいかもしれません。

たとえば上の子を学校や園に送り出すことをお願いしてみたり、小さいお子さんには食事をさせてもらうなどの子供の面倒をみてもらえるように「仕向ける」ことをお勧めしたいとおもいます。夫にこれらの「育児仕事」を引き継ぐことは、ゆくゆくはお腹の赤ちゃんが生まれてきた後の数週間のために必要な準備期間でもあるのです。

そして、旦那さまが何かしてくれたら、必ず「ありがとう、本当に助かったわ」というように感謝の言葉を伝えてあげるとよいでしょう。そうすれば、きっとまた助けてくれるはずです。別に旦那さまでなくても、上のお子さんが自分で出来ることがあるかもしれませんのでお兄ちゃんやお姉ちゃんになる初めの一歩として、なにかをお願いするというのも良いと思います。

ワーキング妊婦さんだったら会社に出勤するときに車を運転することもありますよね。また、お買い物くらいにしか車を運転しないという方もいると思います。普段から車の運転に慣れていて、さらにつわりの状態が激しくない時に限りますが、もしも車に乗ると気分が悪くなってしまうのであれば助手席に座るのではなく、自分で運転してみるのもよいかもしれません。

助手席で、他の人の運転に身を任せるのではなくて自分がドライバーになることによって車の運転に集中することができます。そして、アクセルやブレーキのタイミングを頭の中で考えているうちに、自然と気も紛れていくことがあるからです。車酔いになる人は自分で車を制御できないことから起こるといわれています。つわり中の場合にはただでさえ車酔いに近い感覚に陥っています。

そのため、他人の運転に頼るよりも自分で車を制御することによって更なる車酔い症状やつわりの悪化を防げるというメリットもありそうです。ただし、この場合については、普段から自分が車を運転をすることが多いという人のみにお勧めすべきだと思います。たまに車を運転するくらいの人や、車の運転にあまり慣れていない人にはおすすめすることはできません。

つわりの時にはなるべく外にでるようにしてみるのも良いでしょう。妊娠していないときなどでも、何も食べたくないけれど、食べなくてはいけないときがあると思います。それと同じように、動きたくない時や起きたくないという時もありますよね。しかし、とにかく少しだけでも体を動かしてみるとよいでしょう。家にこもりきりになっていれば体がラクになるような気がするかもしれません。

しかし、自分のつわり症状や吐き気などにどうしても気が向いてしまいますので、気分がどんよりしてしまうこともあると思います。そして、どんどん気が滅入ってしまうことがあると思います。これはつわりの時に限らず、ちょっと調子が悪いのだけれども思い切って外に出てみたら、気が紛れることがあります。気がついたら頭痛などが治っていたという経験を持っているかたもいると思います。

思い切って外に出てみましょう。そして新鮮な空気を吸ってみましょう。誰かと話をすることが一番気が紛れることだと思います。友人などを訪ねてみたり人と話が出来るところに行てみるとよいでしょう。または映画を見に行ったりするのもよいかもしれません。胃がむかむかするといたつわり症状を防ぐことができるかもしれません。映画独特の高揚感や、大きなスクリーンを前にすれば気分の悪さを忘れられるかもしれません。

つわり対処法・軽減法ですが、とにかく食べてみるといった方法もあります。つわりの症状がひどいせいで何も食べたくないこともありますよね。そして何も飲みたくないという日もあるかもしれません。けれども、何も飲まないでいたり、食べないでいると胃が空っぽになってしまいます。そのため、つわりの症状をいっそうひどくしてしまいます。

胃酸でいっぱいになってしまった胃と、低血糖のままトイレにこもってしまい一日を過ごすような状況を、みすみす作り出してはいけないと思います。少しでも何か口に入れるようにしましょう。これは、何でもいいのです。何か食べることで胃がもたれてしまい、気持ちが悪くなるといったつわり症状が出ること怖いのであれば、口の中に長くとどめておくことができて血糖値を上げてくれるキャンディー類がおすすめです。

キャンデーをなめ終わった後に口の中に味が残るのがいやなのであれば、すぐに口をゆすぐとよいでしょう。スーパーやコンビニなどでキャンディー類が売られている場所は、あまり食べ物のにおいをあまり感じないスペースにあります。自分の状態に合いそうなキャンディーをいくつか買ってみて、さっそく試してみるとよいでしょう。

つわり対策としては、つわりの症状がちょっとはマシになる、または症状のきっかけにならない食べ物のリストを作ってみるとよいでしょう。つわりを数週間も体験していけば、自分のつわり症状をわずかでも「まし」にしてくれるものが何か見つかってくると思います。ジンジャーエールを少しずつ飲んでいるときは吐き気が治まるという場合もあります。

また、氷を口の中に入れている時は症状が落ち着くような気がするというように、自分なりの「この時だけは大丈夫かも」というケースを確保できたら良いと思います。このように「気分がよくなるもの」などが見つからなかったら、せめて「つわりのきっかけにならないもの」を、リストにしてみましょう。

○○であれば、料理で作っていてもにおいがあまり気にならないというようなことでも良いです。これは本人は食べられないとしてもです。ちょっと健康に悪そうなものしかリストに出てこなかったとしても気にせずにそのまま続けても大丈夫です。今のあなたの体が必要としている食べ物が、あなたの気分をよくしてくれるのだと思います。

つわりのときは栄養のことを特に意識しなくても、自分が「食べられるもの」を食べていれば大丈夫だといわれています。例えば普通の揚げ物が全くダメな時でも、なぜかマクドナルドのフライドポテトは大丈夫だという方もいます。逆に食べたくて仕方なかった、という人もいます。「かっぱえびせん」などのお菓子もそういった例にはいります。

かっぱえびせんを食べてもつわりがおさまった。あとは、かっぱえびせんの袋を開けて口と鼻を覆い、スーハーしている時だけでもつわりが治ったという方もなかにはいます。傍目からみればかなり変かもしれません。しかし、一人目の妊娠の時は大丈夫でも、二人目の妊娠の時はぜんぜん効かないということもあります。

妊娠してから、自分なりに「これは」というものが見つけられると良いと思います。わたしは、いつもさっぱり目のものが食べたかった覚えがあります。おそばやうどんなどをよく食べていました。グレープフルーツのジュースは妊娠初期の頃はよく飲みたくなったりしていましたが、途中からはあまり飲めなくなったような覚えもあります。

つわり対策としは、ゆっくりとエネルギーを供給してくれるような食べ物をとることを意識してみましょう。複合炭水化物は、じわじわと効き目の現れるエネルギーのカプセルのようなものだといわれています。血中にゆっくりとエネルギーを供給していき、満腹感を維持してくれます。これは、つわり中に限ったことではありません。

日常の食事においても複合炭水化物を摂ることは適しているといえます。例えば運動の前後などは、すばやく消化してくれるその他の炭水化物であるブドウ糖やショ糖が向いているといわれています。
複合炭水化物の代表的な食べ物としては、次のようなものがあげられます。穀物でいえば米やとうもろこし、小麦、オーツ麦、栗、きび、大麦などです。

パンやシリアル、パスタ、クラッカーなどから摂取することができるとおもいます。これらの全粒粉タイプのものは、より影響かが高いとされていますので腹持ちも良いでしょう。これらの食べ物は消化吸収がゆっくりと進んでいきビタミンやミネラルなどの栄養素も同時にとることができます。妊娠中にも向いていますのでお勧めの食材です。

アメリカなどでは、つわり中に炭酸水やクラッカーを食べると良いとよく言われています。実際にこれらの食べ物がつわり中には、向いている食べ物だったという話が雑誌などの体験談でよく見かけます。クラッカーが良いというのは消化吸収がゆっくりと進んでいきますのでビタミンやミネラルなどの栄養素が一緒に摂れます。

このような理由から、つわり中には向いている食べ物だといわれていますが、クラッカーは乾いていますし、ぱさぱさとした食感の食べ物なので、何か水分を摂りながら食べるとよいでしょう。炭酸水については、つわり症状の一つでもある「ゲップ」を出しやすくしてくれます。そういった効果が炭酸水にはあります。

つわり中のプレママの中には炭酸水を好んで飲んでいる人も多いようです。ただ、炭酸系の飲み物については、ゲップが出ることによって吐きそうになることもあります。空気と一緒に胃の中の食べ物も出てきそうになることもありますので、一度試してみて「自分には向いてないかもしれないな」と思ったら炭酸水はやめておきましょう。

つわり対策には、胃にやさしい食べ物を摂るようにしましょう。なるべく胃に負担を掛けやすい食べ物は避けるようにしたほうがよいでしょう。例えば油分の多いものや香辛料のきついもの、食物繊維の多すぎるものは消化しにくので胃に負担がかかりやすくなってしまいます。次のような、胃にやさしい食べ方のヒントを参考にしてみると良いでしょう。

すばやく分解吸収される食べ物は、簡単に分解されて胃をすばやく通過するような、栄養価の高い食べ物のことです。例えば野菜ジュースや果物ジュース、ヨーグルト、低脂肪で炭水化物の多い食べ物などのことです。栄養価の高い食べ物はカロリーのわりに栄養素がたくさん含まれている食品を選びましょう。アボカドやキドニービーンズ、チーズ、魚、全粒粉のパスタ、玄米、豆腐などがあげられます。

また、脱水症状を避けるために、のどの乾きを刺激するような食べ物を食べてみるのもよいでしょう。もしかしたら、ピクルスやポテトチップス、プレッツェルを試してみると良いかもしれません。かっぱえびせんなども、ノンフライ加工なのでお勧めの食べ物です。脱水症状はつわりの症状を悪化させてしまうので注意しておきましょう。

つわり対策には胃にとってやさしい食べ物がおすすめだといえます。唾液がからっぽの胃を直撃しないように気を付けたほうがよいでしょう。ほとんどの女性は、妊娠すると唾液の分泌が盛んになりますので、食べ物を思い浮かべただけでも唾液の分泌が促進されてしまうそうです。たとえばクラッカーや塩味が強くて乾いたものなど、唾液の分泌が盛んになるようなものを食べるときがありますよね。

そういった場合にあらかじめ胃を、牛乳やヨーグルト、アイスクリームなどで保護しておくとよいと思います。水分の多い食べ物は、腸の働きを良くするだけでなくてひどいつわりの原因になる脱水症状や便秘を予防してくれます。おすすめの食べ物はメロンやぶどう、凍らせたフルーツバー、レタス、りんご、梨、セロリ、ルバーブなどです。このような食べ物をたべてみるとよいでしょう。

あとは、つわり症状が紛れるような、ちょっとしたスナックやレモンドロップなどを、いつもポケットに入れておくとよいでしょう。ピクルスやポテトチップス、プレッツェルなども試してみると良いかもしれません。かっぱえびせんなどのお菓子でもノンフライ加工のものはお勧めの食べ物です。脱水症状はつわりの症状を悪化させてしまうので注意しておきましょう。

つわり対策は色々なほうほうがありますが「1日6食」を心がけてみてはいかがでしょうか。つわりを引き起こす原因となるものは様々なものがありますが、血糖値の低下などもつわりを引き起こす原因のひとつだと言われています。朝起きたときや長い時間何も食べていない状態の時は血糖値の低下が起こりやすいです。そのため、朝起きたときや空腹の時などに気分が悪くなることが多いのです。

1日3食という伝統的な食事パターンだと食事と食事の間が空きすぎてしまいますので気分が悪くなりやすくなってしまいます。それは妊婦さんにとってあまり都合がよくないことでしょう。かといって、食事をする際に一度にたくさん食べ過ぎてしまうと、つわり中の場合は特に強烈に吐き気を催すことがありますし実際に吐いてしまったりすることもあるでしょう。

いちばん消化のよいパターンは、食事の量を分散させてあげて「軽い」食事内容を1日に「6回程度」とることです。特に食べつわりの症状があるという方は「空腹を感じること」について一番恐れているのではないでしょうか。このように空腹を恐れてばかりいる状態や、胃が何も受け付けないような状態のときには、食事の分散を試してみてはいかがでしょうか。

つわりに効果のあるくホメオパシーについてご紹介します。つわり向けのレメディにはナックス・ボミカなどがあります。このレメディが効くつわりの種類は食べすぎからくる吐き気や嘔吐などに効果があります。またイライラして音や光、においにひどく敏感になることがあります。セルフケアのポイントとしてはナックス・ボミカはセルフケアでも専門家による処方でも多用されているレメディです。

消化不良によっておこる胃炎や不摂生な生活での二日酔いや不眠などにもよく使われています。そのような症状の全般的な特徴としては、冷えで症状が悪化してしまい、外からの刺激に敏感になってしまうため音や光、またにおいなどでイライラを感じやすい傾向があるのです。その他にも、強いイライラを伴う月経前症候群や生理痛にもセルフケアなどでもよく使われています。

しかし、忙しくて体を冷やしてしまったり、風邪を引いてしまったようなときにも使われることがあるのです。その他にもプルサティラなどもつわりに効果のあるレメディです。脂っこいものを欲しがることがありますが、それによって悪化することがあります。締め切った暖かい部屋を嫌うことがありますので外気を求めたり、外をゆっくり歩けば気分が良くなることがあります。

プルサティラは、子供と女性のためのレメディというように呼ばれています。お子さんが麻疹などにかかったときにも活躍するレメディなのです。セルフケアにおいてはカタル症状などにも使われています。鼻や耳の炎症で、濃く黄緑色の粘液を分泌するような風邪にたいして適応があります。胃腸の不調でも活躍します。

脂肪の多い食べ物をたべたことによる胃もたれや下痢などにも効果があります。そして食べすぎから起こる場合には、ナックス・ボミカとの鑑別が必要となります。プルサティラは専門家によって処方されるのですが体質改善に役立つレメディの代表だといえます。セルフケアでの使用の適用を専門家に決めてもらうとよいかもしれませんね。

つわり向けレメディとしてはサルファもあります。このレメディが効くつわりの種類としては体がほてりやイライラを伴うような吐き気です。唾液の分泌が多くなりますので、それにともなって吐き気がすることがあります。また体にかゆみを伴うこともあります。サルファは、ホメオパシーの発見者であるハーネマンがホメオパシーを活用してから多くのいろいろな問題にたいして処方されてきました。そして結果を出ているレメディのひとつです。

つわり向けレメディにセピアというものがあります。このレメディが効くつわりの種類については次のとおりです。それは食べ物のにおいで悪化する吐き気などに効果があります。また、イライラしてしあい一人きりになりたがります。その他にも体にだるさが引き起こされることもあります。体を動かしたりすれば症状が楽になることがあります。

セピアは女性を癒すレメディのひとつなのですが、セピアが適している女性には子宮が下に引っ張られるような痛みがあるため、座るときに足を組むことによって楽になるという性質があります。また、セピアはPMS(月経前症候群)の代表的なレメディともいわれています。女性ホルモンのアンバランスになることがありますよね。

そのようにホルモンがアンバランスになるとイライラしたり、静かにひとりでいたいというような欲求がでてきます。また強い疲労感をかじてずっと寝ていたいと思うこともあります。その他にもすっぱい食べ物やスパイシーなものを食べたいというような欲求がでてくることもあります。レメディの特徴を生かしてつわり対策をしていけると良いですよね。

つわりに効くホメオパシーについてですが、ホメオパシーはお腹の赤ちゃんへの影響がなく使用することができます。しかし、専門家の指示にしたがって使用することをお勧めします。また、セルフケアで対応することができるのは、普段にはない症状が突然としてあらわれる急性症状のときだけなので頭にいれておきましょう。

たとえば深刻な症状であったり、慢性的な症状、そしてセルフケアで効果がない場合は、自己判断でレメディを使用しないようにしましょう。そしてかならず医師や専門家に相談するようにしましょう。また、レメディの販売元や種類によって摂取方法が異なります。そのため、必ず適切な摂取方法を確認し、使用方法を守るようにしましょう。

つわり向けレメディとしてはイペカックがあります。このレメディが効くつわりの種類はとにかく吐いても良くならない吐き気などです。これはのどの渇きはなく、唾液がたくさん出ます。動いているものを見ると吐き気が悪くなるといった傾向がありますので注意しておきましょう。イペカックの原材料はイペカクアンハという植物です。

そして吐き気を伴う諸症状によい結果をもたらしてくれます。消化されにくい食べ物から起こる吐き気と嘔吐、また妊娠中のつわり、吐き気を伴う咳などに使われています。一番重要な特徴は、全ての訴えに過剰な唾液の分泌と息切れを伴った吐き気があるということです。妊娠中には、強い吐き気を伴うつわりにたいして最もよく使われています。

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり関連ニュース