スポンサード リンク
吐き気と肩こりの症状

17週になります。初めての妊娠でつわりもまだ続いています。それでもまだ私はましなほうなのかとも思ったり、ずいぶんたくさんの時間を「気持ち悪い」と思いながら過ごしています。吐き気もさることながら、私は肩こりがつらいです。気持ち悪いから余計に猫背になるんだ、と医師から言われましたが、首の後ろの筋が固くなって肩もパンパン、痛くて余計に気持ち悪くなってくるし、頭痛もひどいです。

あんまり痛いときはシップを貼ってしまいますが、「インドメタシンは妊婦にはいけない」という情報もあり、「大丈夫」と書いている本もあり迷っています。医師は大丈夫と言いますが、少しでも気になると怖いです。皆さん、どうしてますか?

あと、お下がりのマタニティーウェアなんですが、オーバーオールとジャンパースカート。かわいいんですけど、肩に何かが触るだけでそこが硬くなってしまって痛いから着たくありません。でも、近所の親切な先輩ママが「もったいないから使ってよ」とくれたものなので、つかっている姿を見せなければと外出するときに着ています。「着てくれてありがとう」なんてすごく優しい言葉がぐさぐさ心につきささります。私が買ったのは、当然黒のマタニティースパッツで、上半身は基本的には男物のTシャツやダンナのトレーナー、お出かけの時にはふんわりとしてとにかく軽そうなチュニックを着ます。かばんも肩にかけるなんて言語道断です。

肩をまわしたり、地道な努力をしています。整骨院でもんでもらおうかと思いますが、気分が悪くなったら、と思うと勇気が出ません。スパッツのゴムだってユルユルなのに、特に午前中はおなかに触っているだけで圧迫感があってきついです。気持ち悪いといいながら、食べることにはあんまり支障はないので、ついつい味のこーい濡れせんべいをぎりぎりかみながらやたらとたくさん食べてしまいます。塩分強すぎでこれもちょっと怖いな、と思いながら。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース