スポンサード リンク
精神不安定の症状

二人目が6ヶ月になりました。私の仲のよい友達が妊娠したことで、つわりを思い出しました。一人目の妊娠のほうが圧倒的につらかったです。一番つらかったことは、出産に対する不安です。仕事をしていたので無理をすることも多く、1ヶ月に1度でいい検診も2週間に1度くらい病院へ行っていました。医師に観てもらわないと赤ちゃんが元気かどうか心配でなりませんでした。

実は4週のとき気持ち悪い日が何日か続いて妊娠検査薬を試しましたが陰性でした。とても妊娠を待ち望んでいたのでがっかりして、気晴らしに主人と日帰り温泉に出かけました。帰ってきてまた何日も気持ち悪いのでもう一度妊娠検査薬を試したら陽性反応が出て病院へ行きました。「赤ちゃんがいますよ」といわれて大喜びでしたが、「この前の日曜日、温泉に行ったんですけど、別に影響ないですよね?」と何気なく聞いたら「温泉は入っちゃだめなのに」といきなり医師に告げられました。

びっくりして泣き出した私をおいて医師は中座しましたが、看護婦さんはそっと「気にすることないわよ、そんなことで赤ちゃんおろすの?」と聞きました。ぶんぶん首を振った私に「絶対大丈夫だから」と言ってくれました。家に帰って妊娠と温泉と胎児への影響について調べに調べました。妊娠中はめまいが起こりやすいから温泉は危険、とか書いてありましたが、温泉に入って赤ちゃんに障害ができたりするようなことはなさそうでした。友達に聞いたら「私なんか、できちゃった婚で新婚旅行、九州の温泉だったよ」と言われてほっとしました。

大丈夫だと気をとりなしたものの、医師の言葉は元気な赤ちゃんを見るまで心の中にどこかで引っかかっていました。そうでなくても妊娠中はやたらと涙もろくて、小さなことが気になって悩んだりしました。自分の体が動かないことも、当たり前のことなのに、すごく引け目に感じました。言葉には気をつけてほしかったです。けれど、10歳も年上の友達にすばらしい言葉をもらうことができました。「どんな赤ちゃんが生まれてきても、喜んで愛していける力があなたにはあるのよ」一生大事にしていきたい言葉です。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース