スポンサード リンク
便秘や下痢の症状

これといってつらいつわりは体験せずに娘を出産しましたが、妊娠してから出産するまでずっと便秘が続きました。もともと便秘体質だったこともありますが、妊娠している間は絶えず胃がすっきりしない状態だし、子宮が大きくなるにつれて息苦しいわ、腰が痛いわで便秘を気にするどころではなくなりました。「そのうち出てくる」と思っているうちに、おそらくは1週間以上まったく便が出ていないうちに陣痛がやってきました。しかも初めてだったので、それさえただの腰痛と思い込んで半日過ごしてしまいました。

折りしもゴールデンウィーク真っ最中で病院は手薄、それなのに時を同じくして産気づいている人、あと2人。看護婦さんはそれはそれは忙しそうでした。陣痛を耐えつつ病室で「一体いつ浣腸をしてくれるのかな」と思っているうちに破水、「もうできないわよ」と看護婦さんは叫び分娩台へ。「忘れたと言えー」心中叫びましたが後の祭りでした。ほとんどの出産はおそらく大混乱の中で進んでいくものじゃないでしょうか?娘は本当にいきなり生まれてきました。医師は「まだだね」といってどこかへ出て行ってしまっていたし、看護婦さんは「生まれちゃった!」と驚いていました。大急ぎで呼び出された医師は「もう生まれたの?」と言いました。

息子も生まれた今になってみればわかります。医師の手腕が出産に及ぼす影響は絶大です。娘の生まれた病院の医師ははっきり言って下手でした。産道も、直腸までも20針近く縫うことになった私でした。それなのに、子宮が軽やかになった途端、たまりにたまった便が押し寄せるように傷だらけの直腸を通って出てきたのです。食事をする度に生みの苦しみを味わいました。早く何とかしておけばよかった。後になってみればその一言です。便秘を甘く見ないで、お医者さんに相談してくださいね。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース