スポンサード リンク
食べつわりの症状

妊娠32週です。今は何でもおいしく食べられる私ですが、体重14キロ増、これ以上太らないようにがんばっています。私の場合、典型的な食べづわりでした。つわりが始まったのは6週の初めから。最初は空腹の時に気持ちが悪くなる程度で、つわりってこんなもん、なんてタカをくくっていました。1週間もたたないうちに、気持ちが悪いのは、吐き気に変わりゲップばかりが出てくるようになりました。何かを食べることで、少しはムカムカが抑えられるので、ずっと食べ続けるしかありません。

食べているというと、食欲は当然あると思われますが、不思議なことに食欲なんてないんです。お腹がすくことと食欲が別だということがすごい驚きでした。食べたくないのに胃が空っぽになると座っていられないほどの吐き気に襲われるので、半ば恐怖心から絶えず食べていました。

食べられるものは冷えたおにぎりと、パン(冷たいもの)あとはりんごと炭酸水。それもだんだん極端になっていって、その日に食べられるものなんて予想もつかない状態になってきました。炭酸水はゲップが出てくれて一時的にも気持ちよくなるので手放せませんでした。妊娠しているとき太りすぎてはいけないと、検診に行くたびに医師に注意されて、最近は、「あんまり食べなくてもいいんだよ」とまで言われましたが、おいしくて食べたくて、食べてるわけじゃないんです。おにぎりとパンなんて、そもそもありふれたものでこんなに太ってしまったことが悲しい、せめてすごくおいしいもので太るならまだしも。

その頃、主人の帰宅時間に合わせて何を買ってきてもらうか電話で連絡をしていました。売ってないのにスイカを探してもらったこともあります。そんな状態も17週くらいから徐々に軽くなってきました。今もまったくないとはいえませんが、おいしいと感じながら食べられる幸せをしみじみ感じます。今は栄養のバランスも考えながら、時々はフレンチのランチを食べに行ったり、少しぐらい太っても納得できる、プチ贅沢を楽しんでいます。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース