スポンサード リンク
強い眠気に襲われる

二人目が生まれたばかりです。眠気がつわりだなんて知りませんでした。私の場合、妊娠にかかわらず眠くなることが多かったので、あんまり妊娠と関係付けて考えていませんでした。でも、聞いてください。一人目の妊娠期間中のことです。事務職だったので机に座って仕事をするしかありません。午前中は吐き気もあって息も絶え絶えなのに10時ごろにはもう眠くなってしまうのです。つわりは家にいるときのほうが激しかったので、夜ぐっすり眠るなんてそれこそ夢でした。だから疲れているんだと思っていました。

きつい眠気というのは、頭を殴られて気を失ったかのように、自分でも前触れさえつかめないくらい突然がくっと意識がなくなるのです。傍から見ていれば前触れも症状もあからさまにあったのかも知れません。急に頭が落ちるのでばればれです。笑ってくれる人がいなくなる頃から、眠気に対する恐怖って湧いてくるんですよね。

細かい数字を確実に写す作業が多かったので、当然のごとく私の作業にはミスが多くなりました。ミスは一連の流れの中で発見され、そのときにはかなりたくさんの訂正が発生します。繰り返すうちに職場にいたたまれなくなってきました。周囲が特にきついわけではなくて、自分の無能ぶりに耐えられなくなってくるのです。ほんの一人二人からいやみを言われるだけで、全員が自分の悪口を言っているような気分になりました。本当はそんなことは全然なかったのに。

眠気がつわりの一種であるなんて、おそらく仕事をしている女性は周りから理解が得られるとも考えられないだろうし、実際、理解されないでしょう。現実に周りの人には足手まといですから。それはそれで仕方がないんだ、と強く思えれば乗り越えていけるのでしょうけれど。かといってずっと落ち込んでたわけじゃないですよ。赤ちゃんが元気に生まれましたから。とっても忙しくて子育てに夢中で、気がつけばまた自信もついてきましたから。いろんなことあると思いますが、大丈夫です。

次の記事 >> 食べつわりの症状
つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース