嗜好の変化

嗜好の変化

長男を妊娠した途端につわりが始まりました。お腹がすいてくると猛烈に気持ちが悪くなってくるのです。何かを食べると少しは気持ちが楽になりました。10週頃が気持ち悪さのピークでした。気持ち悪いのに、食べたい食べたいと思うものが油っぽいものや、クリームたっぷりのケーキやシュークリームなのです。何でもっとあっさりしたものじゃないの?今までそんなに食べてきたわけではないのに猛烈な食べたさ、毎日が気持ち悪いストレスにあふれていたので、食べたいものでストレスを少しでも発散させるしかありませんでした。

 

妊娠本にも「食べたいものを食べなさい」と書いてあることだし、と。17週ごろには気持ち悪さもずっと楽になって、それなのに嗜好はまったく変化しないまま、ますます食欲が増進してきてしまいました。定期健診にいく度に医師に体重を減らすよう注意を受けました。もちろん、、毎日食べていたケーキを2日に1度、3日に1度と我慢もしました。けどその代わり、スナックを一袋食べてしまったりするのです。

 

ついに25週で妊娠中毒になり入院、体重は妊娠時より18キロ太っていました。一月以上入院して8キロやせた私が実家に戻ったとき、かねてから建設中であったコンビニエンスストアが実家のすぐそばにオープンしていたのです。ケーキもアイスもソースのかかった揚げ物弁当もコンビニに溢れています。「コンビニに呼ばれる」というのもつわりの一つでしょうか?どうしようもなく出かけては「食べてはいけないもの」を買い続けてしまいました。

 

出産時は体重22キロ増、それでも元気な赤ちゃんが生まれてきてくれてほっとしました。やっぱり太り気味の主人もとてもうれしそうでした。この子が肥満にならないように気をつけなくちゃ、今の私の体重はナイショです。