スポンサード リンク

もうすぐ出産を迎えます。私の場合、自分が妊娠したことを知ると同時につわりは始まりました。知ったから始まったのかと思うくらい、うれしいとしみじみ感じる間もなくあっという間に耐え忍ぶ毎日が始まりました。最初は気持ちが悪いながらも何とかフルーツや水分、パンやおにぎり(冷えた食べ物は可)などが少しは食べられました。つわりとはこんなものだと納得するもつかの間、本物のつわりは8週くらいから始まりました。「何がいけないの?」と胃に聞けるものなら聞いてみたいほど水を飲んでも吐く、挙句の果てには話をしようと口を開けただけでも吐く。気持ち悪い、吐く、と思ったときには吐いている、トイレに行こうとしてもたったの3メートル進めない。妊娠したことで、こんなに自分の体が変わってしまったことが、今考えるとミラクルです。

病院にも行きました。「赤ちゃんは元気なです。がんばってください。もうすぐ終わるからね」と医師に言われて、一時は納得するものの、こんな苦しくていいものなのか、私は終わるまで持つのだろうか、肌はがさがさになり、イメージとしてはふっくらしてくるはずの体ががりがりにやせ、立っていることもできないのに、これで我慢していて本当に赤ちゃんも私も大丈夫なんだろうか?

終わる、ということなんて考えられないくらい絶望していました。逃げられるものなら妊娠そのものから逃げてしまいたいと思いました。泣き叫ぶ気力もなくなった私を、夫は別の産婦人科へ連れて行ってくれました。「脱水症状になっていますね、すぐに点滴をしましょう。」なんとか針を入れて点滴が始まったとき、「助かった」と思いました。「いつでも入院できますよ」という医師の言葉に涙が流れました。自分がこんなにも追い込まれているとは、そのときには気がつかないものだったんですね。その日は家に帰りました。相変わらず気持ちも悪いし吐いてしまうことも変わりませんが、助けてもらえるところが見つかったことで心底ほっとしました。

ずっと「吐く」ことに対して守りの姿勢だったのですが、少しだけ、吐いても大丈夫という気持ちが生まれてきて、レモンを入れた水を飲んだり、小さなゼリーを食べたりしてみました。不思議なことに、吐き気がおさまらなくても「食べたい」という気持ちが生まれてくるんですね。食べたいものがイメージとして浮かんできたんです。それはコンビニの梅おにぎり、海苔のぱりぱりした食感と冷たくなった固めのご飯がとてもおいしく思えました。全部は食べることができなかったけれど。それは18週に入った頃、それから日に日に症状は軽くなり、今でもまったくないといえませんが、「きたきた」と思ってやり過ごすことができます。ご飯も普通に食べることができます。

もしかしたら、自然におさまってくる時期だったのかも知れません。けれども、私にはやっぱり病院を変えたことが転機だったように思えるのです。「大丈夫」といってくれる医師は、動けないものにとってはまるで神様のようです。助けてもらえる安心感が、どれだけ精神的に自分を強くしたことか。そして連れて行ってくれた主人に心から感謝しています。早く赤ちゃんに会いたいです。先の見えなかったつわりの時期にくらべれば、その日までもうカウントダウン状態にあります。お産も先生を信頼しているので、何の心配もありません。赤ちゃん、どんなにかわいいかな。

もうすぐ出産を迎えます。私の場合、自分が妊娠したことを知ると同時につわりは始まりました。知ったから始まったのかと思うくらい、うれしいとしみじみ感じる間もなくあっという間に耐え忍ぶ毎日が始まりました。最初は気持ちが悪いながらも何とかフルーツや水分、パンやおにぎり(冷えた食べ物は可)などが少しは食べられました。つわりとはこんなものだと納得するもつかの間、本物のつわりは8週くらいから始まりました。「何がいけないの?」と胃に聞けるものなら聞いてみたいほど水を飲んでも吐く、挙句の果てには話をしようと口を開けただけでも吐く。気持ち悪い、吐く、と思ったときには吐いている、トイレに行こうとしてもたったの3メートル進めない。妊娠したことで、こんなに自分の体が変わってしまったことが、今考えるとミラクルです。

病院にも行きました。「赤ちゃんは元気なです。がんばってください。もうすぐ終わるからね」と医師に言われて、一時は納得するものの、こんな苦しくていいものなのか、私は終わるまで持つのだろうか、肌はがさがさになり、イメージとしてはふっくらしてくるはずの体ががりがりにやせ、立っていることもできないのに、これで我慢していて本当に赤ちゃんも私も大丈夫なんだろうか?

終わる、ということなんて考えられないくらい絶望していました。逃げられるものなら妊娠そのものから逃げてしまいたいと思いました。泣き叫ぶ気力もなくなった私を、夫は別の産婦人科へ連れて行ってくれました。「脱水症状になっていますね、すぐに点滴をしましょう。」なんとか針を入れて点滴が始まったとき、「助かった」と思いました。「いつでも入院できますよ」という医師の言葉に涙が流れました。自分がこんなにも追い込まれているとは、そのときには気がつかないものだったんですね。その日は家に帰りました。相変わらず気持ちも悪いし吐いてしまうことも変わりませんが、助けてもらえるところが見つかったことで心底ほっとしました。

ずっと「吐く」ことに対して守りの姿勢だったのですが、少しだけ、吐いても大丈夫という気持ちが生まれてきて、レモンを入れた水を飲んだり、小さなゼリーを食べたりしてみました。不思議なことに、吐き気がおさまらなくても「食べたい」という気持ちが生まれてくるんですね。食べたいものがイメージとして浮かんできたんです。それはコンビニの梅おにぎり、海苔のぱりぱりした食感と冷たくなった固めのご飯がとてもおいしく思えました。全部は食べることができなかったけれど。それは18週に入った頃、それから日に日に症状は軽くなり、今でもまったくないといえませんが、「きたきた」と思ってやり過ごすことができます。ご飯も普通に食べることができます。

もしかしたら、自然におさまってくる時期だったのかも知れません。けれども、私にはやっぱり病院を変えたことが転機だったように思えるのです。「大丈夫」といってくれる医師は、動けないものにとってはまるで神様のようです。助けてもらえる安心感が、どれだけ精神的に自分を強くしたことか。そして連れて行ってくれた主人に心から感謝しています。早く赤ちゃんに会いたいです。先の見えなかったつわりの時期にくらべれば、その日までもうカウントダウン状態にあります。お産も先生を信頼しているので、何の心配もありません。赤ちゃん、どんなにかわいいかな。

長男を妊娠した途端につわりが始まりました。お腹がすいてくると猛烈に気持ちが悪くなってくるのです。何かを食べると少しは気持ちが楽になりました。10週頃が気持ち悪さのピークでした。気持ち悪いのに、食べたい食べたいと思うものが油っぽいものや、クリームたっぷりのケーキやシュークリームなのです。何でもっとあっさりしたものじゃないの?今までそんなに食べてきたわけではないのに猛烈な食べたさ、毎日が気持ち悪いストレスにあふれていたので、食べたいものでストレスを少しでも発散させるしかありませんでした。

妊娠本にも「食べたいものを食べなさい」と書いてあることだし、と。17週ごろには気持ち悪さもずっと楽になって、それなのに嗜好はまったく変化しないまま、ますます食欲が増進してきてしまいました。定期健診にいく度に医師に体重を減らすよう注意を受けました。もちろん、、毎日食べていたケーキを2日に1度、3日に1度と我慢もしました。けどその代わり、スナックを一袋食べてしまったりするのです。

ついに25週で妊娠中毒になり入院、体重は妊娠時より18キロ太っていました。一月以上入院して8キロやせた私が実家に戻ったとき、かねてから建設中であったコンビニエンスストアが実家のすぐそばにオープンしていたのです。ケーキもアイスもソースのかかった揚げ物弁当もコンビニに溢れています。「コンビニに呼ばれる」というのもつわりの一つでしょうか?どうしようもなく出かけては「食べてはいけないもの」を買い続けてしまいました。

出産時は体重22キロ増、それでも元気な赤ちゃんが生まれてきてくれてほっとしました。やっぱり太り気味の主人もとてもうれしそうでした。この子が肥満にならないように気をつけなくちゃ、今の私の体重はナイショです。

二人目が生まれたばかりです。眠気がつわりだなんて知りませんでした。私の場合、妊娠にかかわらず眠くなることが多かったので、あんまり妊娠と関係付けて考えていませんでした。でも、聞いてください。一人目の妊娠期間中のことです。事務職だったので机に座って仕事をするしかありません。午前中は吐き気もあって息も絶え絶えなのに10時ごろにはもう眠くなってしまうのです。つわりは家にいるときのほうが激しかったので、夜ぐっすり眠るなんてそれこそ夢でした。だから疲れているんだと思っていました。

きつい眠気というのは、頭を殴られて気を失ったかのように、自分でも前触れさえつかめないくらい突然がくっと意識がなくなるのです。傍から見ていれば前触れも症状もあからさまにあったのかも知れません。急に頭が落ちるのでばればれです。笑ってくれる人がいなくなる頃から、眠気に対する恐怖って湧いてくるんですよね。

細かい数字を確実に写す作業が多かったので、当然のごとく私の作業にはミスが多くなりました。ミスは一連の流れの中で発見され、そのときにはかなりたくさんの訂正が発生します。繰り返すうちに職場にいたたまれなくなってきました。周囲が特にきついわけではなくて、自分の無能ぶりに耐えられなくなってくるのです。ほんの一人二人からいやみを言われるだけで、全員が自分の悪口を言っているような気分になりました。本当はそんなことは全然なかったのに。

眠気がつわりの一種であるなんて、おそらく仕事をしている女性は周りから理解が得られるとも考えられないだろうし、実際、理解されないでしょう。現実に周りの人には足手まといですから。それはそれで仕方がないんだ、と強く思えれば乗り越えていけるのでしょうけれど。かといってずっと落ち込んでたわけじゃないですよ。赤ちゃんが元気に生まれましたから。とっても忙しくて子育てに夢中で、気がつけばまた自信もついてきましたから。いろんなことあると思いますが、大丈夫です。

妊娠32週です。今は何でもおいしく食べられる私ですが、体重14キロ増、これ以上太らないようにがんばっています。私の場合、典型的な食べづわりでした。つわりが始まったのは6週の初めから。最初は空腹の時に気持ちが悪くなる程度で、つわりってこんなもん、なんてタカをくくっていました。1週間もたたないうちに、気持ちが悪いのは、吐き気に変わりゲップばかりが出てくるようになりました。何かを食べることで、少しはムカムカが抑えられるので、ずっと食べ続けるしかありません。

食べているというと、食欲は当然あると思われますが、不思議なことに食欲なんてないんです。お腹がすくことと食欲が別だということがすごい驚きでした。食べたくないのに胃が空っぽになると座っていられないほどの吐き気に襲われるので、半ば恐怖心から絶えず食べていました。

食べられるものは冷えたおにぎりと、パン(冷たいもの)あとはりんごと炭酸水。それもだんだん極端になっていって、その日に食べられるものなんて予想もつかない状態になってきました。炭酸水はゲップが出てくれて一時的にも気持ちよくなるので手放せませんでした。妊娠しているとき太りすぎてはいけないと、検診に行くたびに医師に注意されて、最近は、「あんまり食べなくてもいいんだよ」とまで言われましたが、おいしくて食べたくて、食べてるわけじゃないんです。おにぎりとパンなんて、そもそもありふれたものでこんなに太ってしまったことが悲しい、せめてすごくおいしいもので太るならまだしも。

その頃、主人の帰宅時間に合わせて何を買ってきてもらうか電話で連絡をしていました。売ってないのにスイカを探してもらったこともあります。そんな状態も17週くらいから徐々に軽くなってきました。今もまったくないとはいえませんが、おいしいと感じながら食べられる幸せをしみじみ感じます。今は栄養のバランスも考えながら、時々はフレンチのランチを食べに行ったり、少しぐらい太っても納得できる、プチ贅沢を楽しんでいます。

今、35週です。後もう少しでお腹の赤ちゃんに会えます。やっとここまできました。私はつわりがそんなに重いわけではなかったので、周りのプレママ友達の中ではずいぶん楽をしていました。ただ、妊娠してから薬も飲めないのに頭痛が頻繁に起こるようになってしまいました。

18週ごろなのですが、やっぱりその日もひどい頭痛で、肩の下に枕を入れ頭を下にして私は布団に寝ていました。妊娠をしていなければ、薬ですぐに手を打てるのに、赤ちゃんのためにひたすら我慢して治まるのを待つしかありません。頭を動かすと痛みが増すので、おいそれと首を動かすわけにも行きません。また、頭を下にすることでちょっと血のめぐりが良くなるような気がしていつもその体制で頭痛をやり過ごしていました。

その日は夜、主人と主人の友達と甲子園球場へ阪神の試合を観に行くことになっていました。けれど、午後になっても頭痛が引かないので私は野球の試合どころではありませんでした。主人はどうするのかな、行かないと友達一人になっちゃうな、ということを頭のどこかで考えながら目をつぶっていましたが、そのうち主人が電話をかけ始めました。「今日、アレが頭痛くて寝てるからやめとくわ。」

別にやめてくれなくても大丈夫だったし、ちょっと友達にも悪いな、と思いましたが、赤ちゃんの父である主人が出かけないと決めたことはうれしかったです。もちろん仕事がらみでは、絶対に私を優先してはくれません。頭痛は夜には収まって、試合はテレビで観ました。妊娠してから、元気といってもいつも少しだけ気持ち悪い毎日で、急に体調が悪くなったりすることもあり精神的にもナーバスになっていました。だから余計にうれしかったのかも知れません。でもそれは主人には話していません。いつか話すときが来るかも知れませんが。

これといってつらいつわりは体験せずに娘を出産しましたが、妊娠してから出産するまでずっと便秘が続きました。もともと便秘体質だったこともありますが、妊娠している間は絶えず胃がすっきりしない状態だし、子宮が大きくなるにつれて息苦しいわ、腰が痛いわで便秘を気にするどころではなくなりました。「そのうち出てくる」と思っているうちに、おそらくは1週間以上まったく便が出ていないうちに陣痛がやってきました。しかも初めてだったので、それさえただの腰痛と思い込んで半日過ごしてしまいました。

折りしもゴールデンウィーク真っ最中で病院は手薄、それなのに時を同じくして産気づいている人、あと2人。看護婦さんはそれはそれは忙しそうでした。陣痛を耐えつつ病室で「一体いつ浣腸をしてくれるのかな」と思っているうちに破水、「もうできないわよ」と看護婦さんは叫び分娩台へ。「忘れたと言えー」心中叫びましたが後の祭りでした。ほとんどの出産はおそらく大混乱の中で進んでいくものじゃないでしょうか?娘は本当にいきなり生まれてきました。医師は「まだだね」といってどこかへ出て行ってしまっていたし、看護婦さんは「生まれちゃった!」と驚いていました。大急ぎで呼び出された医師は「もう生まれたの?」と言いました。

息子も生まれた今になってみればわかります。医師の手腕が出産に及ぼす影響は絶大です。娘の生まれた病院の医師ははっきり言って下手でした。産道も、直腸までも20針近く縫うことになった私でした。それなのに、子宮が軽やかになった途端、たまりにたまった便が押し寄せるように傷だらけの直腸を通って出てきたのです。食事をする度に生みの苦しみを味わいました。早く何とかしておけばよかった。後になってみればその一言です。便秘を甘く見ないで、お医者さんに相談してくださいね。

二人目の妊娠で19週になります。上の子は4歳で幼稚園に通っています。上の子と同様、吐きづわりでした。6週に入った頃には1日に3回は吐いていました。ピークは10週くらいだったと思います。幼稚園へ迎えにいっているときに吐いてしまったりもしましたが、周囲もついこの間まで妊娠していた人たちばかりなのでビニール袋さえあればなんてことはありませんでした。

一人目のときと違って、上の子を通してママ友達がいたことでだいぶ救われています。つわりのピークの時には、幼稚園から帰ってきても上の子はほとんど誰かの家に遊びに行って夕方まで帰ってきませんでした。ご飯も食べてくる上にダンナの夕飯のおかずまでタッパーに入れて持って帰ってくることもありました。食事が作れないときはどんなにありがたかったか。

スーパーに行ってもにおいがきつくて吐いてしまう、といったら、買い物までしてくれるという申し出があったのですが、やっぱりそこまでしてもらうと気が引けるので、生協に加入して宅配してもらいました。初めて生協に入りましたが、何でもそろっている上に出来合いの冷凍食品もバリエーションが多く、しかも食品の安全性が高いとあっては、もう生協なしの生活には戻れそうにありません。

15週頃にはほとんど吐き気もなくなって、今は時々、上の子のお友達も呼べるほどに元気な生活をしています。これからは体を動かして出産に備えようと思います。上の子の出産の時には、ママ友達がいなくてとても孤独を感じました。今の幸せも上の子がつれてきてくれました。つわりで大変な方も多いと思います。こんな楽をしている私が言うのも生意気なのですが、生まれた子はたくさんの贈り物を持ってきてくれるはずです。

二人目が6ヶ月になりました。私の仲のよい友達が妊娠したことで、つわりを思い出しました。一人目の妊娠のほうが圧倒的につらかったです。一番つらかったことは、出産に対する不安です。仕事をしていたので無理をすることも多く、1ヶ月に1度でいい検診も2週間に1度くらい病院へ行っていました。医師に観てもらわないと赤ちゃんが元気かどうか心配でなりませんでした。

実は4週のとき気持ち悪い日が何日か続いて妊娠検査薬を試しましたが陰性でした。とても妊娠を待ち望んでいたのでがっかりして、気晴らしに主人と日帰り温泉に出かけました。帰ってきてまた何日も気持ち悪いのでもう一度妊娠検査薬を試したら陽性反応が出て病院へ行きました。「赤ちゃんがいますよ」といわれて大喜びでしたが、「この前の日曜日、温泉に行ったんですけど、別に影響ないですよね?」と何気なく聞いたら「温泉は入っちゃだめなのに」といきなり医師に告げられました。

びっくりして泣き出した私をおいて医師は中座しましたが、看護婦さんはそっと「気にすることないわよ、そんなことで赤ちゃんおろすの?」と聞きました。ぶんぶん首を振った私に「絶対大丈夫だから」と言ってくれました。家に帰って妊娠と温泉と胎児への影響について調べに調べました。妊娠中はめまいが起こりやすいから温泉は危険、とか書いてありましたが、温泉に入って赤ちゃんに障害ができたりするようなことはなさそうでした。友達に聞いたら「私なんか、できちゃった婚で新婚旅行、九州の温泉だったよ」と言われてほっとしました。

大丈夫だと気をとりなしたものの、医師の言葉は元気な赤ちゃんを見るまで心の中にどこかで引っかかっていました。そうでなくても妊娠中はやたらと涙もろくて、小さなことが気になって悩んだりしました。自分の体が動かないことも、当たり前のことなのに、すごく引け目に感じました。言葉には気をつけてほしかったです。けれど、10歳も年上の友達にすばらしい言葉をもらうことができました。「どんな赤ちゃんが生まれてきても、喜んで愛していける力があなたにはあるのよ」一生大事にしていきたい言葉です。

17週になります。初めての妊娠でつわりもまだ続いています。それでもまだ私はましなほうなのかとも思ったり、ずいぶんたくさんの時間を「気持ち悪い」と思いながら過ごしています。吐き気もさることながら、私は肩こりがつらいです。気持ち悪いから余計に猫背になるんだ、と医師から言われましたが、首の後ろの筋が固くなって肩もパンパン、痛くて余計に気持ち悪くなってくるし、頭痛もひどいです。

あんまり痛いときはシップを貼ってしまいますが、「インドメタシンは妊婦にはいけない」という情報もあり、「大丈夫」と書いている本もあり迷っています。医師は大丈夫と言いますが、少しでも気になると怖いです。皆さん、どうしてますか?

あと、お下がりのマタニティーウェアなんですが、オーバーオールとジャンパースカート。かわいいんですけど、肩に何かが触るだけでそこが硬くなってしまって痛いから着たくありません。でも、近所の親切な先輩ママが「もったいないから使ってよ」とくれたものなので、つかっている姿を見せなければと外出するときに着ています。「着てくれてありがとう」なんてすごく優しい言葉がぐさぐさ心につきささります。私が買ったのは、当然黒のマタニティースパッツで、上半身は基本的には男物のTシャツやダンナのトレーナー、お出かけの時にはふんわりとしてとにかく軽そうなチュニックを着ます。かばんも肩にかけるなんて言語道断です。

肩をまわしたり、地道な努力をしています。整骨院でもんでもらおうかと思いますが、気分が悪くなったら、と思うと勇気が出ません。スパッツのゴムだってユルユルなのに、特に午前中はおなかに触っているだけで圧迫感があってきついです。気持ち悪いといいながら、食べることにはあんまり支障はないので、ついつい味のこーい濡れせんべいをぎりぎりかみながらやたらとたくさん食べてしまいます。塩分強すぎでこれもちょっと怖いな、と思いながら。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり関連ニュース