スポンサード リンク
やっぱり和食がお勧め!

ビタミンB6がつわりの緩和にいいといわれています。ビタミンB6が多く含まれる食べ物には、アジ、サバ、タイ、イワシなどの魚、さつまいも、カリフラワー、アボガド、ピーマンなどの野菜類、バナナ、海苔、ナッツ類、大豆、玄米等があります。こうしてみてみると、圧倒的に和食の食材が多いといえます。食べられるのであれば、やはり和食はお勧めです。太りすぎを防ぐためにも、油分が少なく、煮る、蒸すなど、カロリーが低くなる調理法が多いからです。何よりも、体に優しいと感じるのは日本人にもっともあっているからでしょう。

和食というとかつおや昆布の出しや温かい料理がイメージされますが、残念なことに和食の出しの味やにおいのよい温かい食べ物は、つわりの期間は敬遠されます。食べやすい和食を探してみましょう。ビタミンBを取ることを考えれば、枝豆や冷奴、玄米のおにぎり(海苔を巻くといい)などが望ましいでしょう。サツマイモは牛乳や砂糖を加えて煮たものをつぶして茶巾に絞って冷やしておくと見た目にもかわいらしく食べやすくなります。

ビタミンB6にこだわらなければ、食べやすさを考えると、そうめんや卵豆腐(茶碗蒸しを作って冷やすのも)出し巻き卵や焼きナスなど、冷やしておいしい和食はたくさんあります。難点は作るのに手間がかかることでしょう。体調のいいときに作り置きしておくことや、ご主人やお母さんに甘えるという方法もあります。それはなかなか、という人はどんどんスーパーのお惣菜を利用しましょう。ひじきの煮物や、おすしも、できていれば食べられるケースもあります。思いのほか、バリエーションは豊富だとびっくりするかも知れません。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース