スポンサード リンク
食べたいものを食べよう

一般的につわりの期間(4~5週に始まり16~17週に終わる)には、赤ちゃんの体はとても小さく、若しお母さんが何も食べられなくても母体から必要な栄養素は取り入れることができます。食べられないことでせっかく宿ってくれた赤ちゃんに影響が出るのではないかと心配したり、あるいは、栄養のバランスに気をつけないといけないと、食べられないものを無理に食べたりする必要はありません。食べたいものを食べましょう。

つわりのときに食べたくなるものは人によって千差万別です。レモンや梅干などのすっぱいものが好きになるという、昔から言われてきたことそのままの人もいれば、フライドポテトやフライドチキンなんて、よほど食べたほうが胃にもたれる、というものが食べたくて仕方なくなる人もいます。毎日、食べられるものが変わってしまい、昨日食べられたものが今日は大嫌いという人も、決して珍しくはありません。

つわりの重さも人によりけりですから、食べ物をコントロールできる人はより栄養のバランスを考えたものを食べるほうが自分にも赤ちゃんにもいいことはもちろんです。けれど、吐き気がひどかったり、においが気になったりして食べるものがない、という人は、たとえ油っぽかったり、香辛料がきつかったりしても、食べられるものを体に入れてください。それは自分の体へのケアであって、赤ちゃんにとってもお母さんの体が元気であることはとても大切な事です。ただ、それはつわりの時、だけです。「食べたいもの」生活を食欲が出てきてからも続けてしまったら、あっという間に太ってしまいます。気をつけましょう。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース