スポンサード リンク
乗り物のつわり対策

仕事で通勤している人や、日常的にバスや電車を利用する人は、つわりのときに乗り物を避けることができません。そうでなくても車酔いしているような気持ち悪さが一日中続いている状態ですから、乗り物に揺られることはつわりの悪化原因となります。かといって、乗らないわけにもいきません。

妊婦であることを示すマタニティーストラップを身につけて周囲の理解を促す方法があります。妊娠届けの提出時に配布する市町村もありますし、妊娠関係の雑誌の付録やプレゼントなどで手に入れることは容易です。これを見かけた人が、積極的に電車やバスで席を譲ってくれる社会であってほしいところです。つわりがひどい妊娠初期は見た目には妊娠しているように見えにくかったり、ストラップが小さいことから気づかれなかったり、現状では広く活用されている状態ではありませんが、一人一人が身につけていくことでこれから社会に認知されていくことを期待したいものです。

手首から指を2本横にして置いた下辺りに宵止めのつぼがあります。自分で押しておくことはなかなか難しいので、つぼ押しのリストバンドの利用が便利です。車酔いや船酔いにも使えるので、車用品店などにおいてあります。においに関しては、マスクで防いだりミントの飴やガムでごまかす方法があります。爽快感があるシップですが、インドメタシンは動物の内服実験において胎児異常が引き起こされているので注意を要します。内服するわけでもないし微量だから大丈夫という見解もありますが、部分的に冷やすなら保冷剤の使用がお勧めです。

やはりなんといっても電車やバスが混まない時間帯を選ぶことが大切でしょう。時差出勤の許可が取れると助かります。また、無理をして乗車を続け倒れてしまっては取り返しのつかない事態も招きかねませんから、くれぐれも具合が悪くなってきたら無理をせず途中下車することを心がけてください。

次の記事 >> 鍼灸治療に行く
つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース