スポンサード リンク
ラクな服装で出かけよう

妊娠初期は外見から体の変化は見られません。まだマタニティーウェアはちょっと気恥ずかしい時期でもあります。しかし、妊娠に気がつく5~6週はすでに妊娠2ヶ月に入っていて体の中ではすでに劇的な変化を遂げているのです。つわりも始まって、楽に過ごすことが難しい毎日です。なるべくラクな服装を心がけましょう。体への締め付けは禁物と考えたほうがいいでしょう。ムカムカの中心である胃の辺りに触るものがあると、当然気持ち悪さは倍増しますし、敏感になった肌への強い刺激で湿しんやみみず腫れを招いてしまうこともあります。

マタニティーウェアとまでは行かなくても、体のラインがあまり出ないファッションに変えれば、下着もゆったりとしたものが着用できます。一見、ファッショナブルに見えても実はウエストはゴム、というパンツやスカートも最近は出回っています。きりりとしたスタイルを好む人も、体系の崩れを気にする人も、今はいったん休止の時です。妊婦用のスパッツは便利です。お腹のふくらみに合わせてウエストを調節できますし、一見普通のスパッツと変わらないので、上半身のスタイルを選びません。ご主人のシャツやトレーナーを借りたり、ふわっとしたワンピース風の上着をまとってもよいでしょう。

最近はやっているチュニックはお腹の辺りがふんわりして、スパッツを合わせやすいので特にお勧めです。出産後も使えるし、おしゃれな品物も多く出回っています。お腹がゆったりしていること、とともに、肩こりにならないようなデザインを選ぶのも大切です。胃をかばう体勢をとりがちですから、肩こりもひどくなることが多いでしょう。洋服の重さも軽ければ軽いほうがいいのです。家の外へ出かけていくことは、運動になるし精神的にも大変いいことです。楽な服装で出かけましょう。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース