スポンサード リンク
体を冷やさない

妊娠中の体の冷えは要注意です。妊娠中でなくても冷えることで特に女性の体はダメージを受けます。冷えると必然的に体は守りの姿勢に入りますから、体中の筋肉が緊張します。そこから肩こりや頭痛につながることもあります。また、冷えることで下痢になる人がいるかと思えば、便秘になる人も意外に多いものです。守りの姿勢で緊張していると、さまざまな内臓などの体の機能が正常に動いてはくれません。ましてや、妊娠してホルモンバランスが崩れているときは、体中が敏感になっています。ちょっとしたきっかけで体調を崩しかねません。

かぜを引いても妊娠期間は薬が飲めませんから、熱が出ても鼻が詰まっても耐えるのみ、つわりのつらさにかぜのつらさが加えられるのですから、大変なものです。足を冷やさないようにできるだけパンツルックが望ましいのですが、スカートの時はストッキングや長い靴下を履くようにしましょう。レッグウォーマーなども足首を暖めてくれて便利です。体の末端を温めることは血液の循環をよくするので、手袋やマフラー、帽子などで冬の寒いときを乗り切りましょう。

つわりの最中、夏の暑さは耐えがたいものですが、クーラーや冷たいもので体を冷やしすぎることはとても危険です。暑くても素足は避けて靴下を履く、冷房の効いたところに出かけるときはカーディガンやひざ掛けを持っていくなどの対策をとってください。気持ちがいいからと長時間冷房に当たっていると、知らず知らずのうちに体が冷え切って関節痛になることもあります。寒い冬に特にお勧めなのは足湯です。家でゆっくりできるときにぜひ試してください。大き目のバケツに少しぬるめのお湯を入れて足をつけるだけです。冷めてきたときのために、熱めのお湯が入ったヤカンなどを用意しておくとさらにいいでしょう。体全体がぽかぽかして幸せな気分になってきますよ。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース