スポンサード リンク
眠いときは眠ってしまおう

眠くて仕方がないときは、何をやってもだめです。眠るしかないのです。仕事をしていたり、上の子の育児にどうしても車の運転が欠かせない人にとっては、眠気はとても困ったものです。その対策にしても、やはりできるだけ睡眠時間を確保するしかないでしょう。無理に家事をせず、省けるものは省いて睡眠をとります。どうしても省けない家事などは、段取りをあらかじめ考えておけば時間短縮になりますし、ご主人の帰宅時などに起きださなくてもいいように話をしておきましょう。

口の中にガムやあめが入っていると、意識がはっきりしてくることが多いですから、ガムとあめは手元にいつでも置いておきます。これは吐き気や増加した唾液への対策にもなります。無駄な体重の増加はできるだけ避けたいので、カロリーの低いものを選んでください。

自分のペースで生活ができる人は、この眠さもいつまで続くわけではありませんので、眠れるときには眠ってしまいましょう。眠っているときは気持ちのいいものです。そんな時間をつわりの最中に持てることは幸せなことかも知れません。12時間、16時間眠り続けた、ということも、何年かたったら楽しい思い出になります。赤ちゃんが生まれたら、いくら眠くても寝ていられない生活が待っているのです。上のお子さんがまだ小さいときは、積極的にお昼寝を一緒にしましょう。赤ちゃんが生まれたらスキンシップの時間も今ほどには取れなくなりますし、お母さんの体や心の変化を敏感に感じ取って不安になっているかも知れません。スキンシップをかねてのお昼寝で、母子ともに元気になりましょう。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース