スポンサード リンク
食べられるものを探す

人は通常、朝昼晩、三食とりますから、食べられないということは、実際の体へのダメージもさることながら精神的にもとても不安なものです。実際に飲み込めない、においがきつくて口にできない、せっかく食べてもどうしても吐いてしまうなど、さまざまな症状があります。けれど、少しでも体に食べ物を入れたほうがいいと、がんばっている人がほとんどではないでしょうか?この時期は食べられるものを食べるしかありません。食べられるものを探しましょう。

嗜好も大きく変化しますから、レモンやすっぱいものなどあっさりしたものを好むようになる人から、油っぽいしつこいものが好きになってしまう人までいます。油っぽいものが好きになってしまったら、心配なのは体重増ですが、こまめに体重を量りながら、よりカロリーの低いもので乗り切っていくようにしましょう。食べたいものが日替わりのように変わる、という人もいます。買い置きができなくて困りますが、一時のことと割り切って、食べられるものを食べてください。

においがきつくて食べられない、という人は、調理が苦になりますよね。作りながら気分が悪くなってしまうと、当然できたものも食べられませんし、つわりを重くしてしまいます。家族に作ってもらえる人はいいのですが、スーパーのお惣菜や、料理の宅配を頼むのも、この際仕方がないと割り切りましょう。便利なものもいろいろあります。栄養バランスの整った飲み物や、ゼリー、クッキーなど、たくさん食べなくても安心できるものがどこでも手に入ります。ただし、脱水症状になったら大変なので、水分の補給だけは気をつけてください。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース