スポンサード リンク
精神不安定になる

つわりがひどいときに限らず、体調が悪いときには誰だっていらいらしたり憂鬱になったりします。妊娠してホルモンバランスが崩れると、それに拍車をかけますから、つわりの時期に気持ちが沈み込んだり、いらいらしたりするのは、ごく当たり前のことです。

妊娠が確認されると喜びとともに誰でも不安になります。特に第1子を身ごもったばかりの女性は、これからまったく未体験のことが続いていくのですから。そしてつわりが始まると身体的な苦痛が加わります。つわりのひどい妊娠初期は外見からはまったくわからないし、産婦人科の病院に行けばそこに妊婦はたくさんいますが、社会の中で知りあいと一緒に妊娠することなんてできないのです。妊婦は必然的に「一人だ」と感じてしまう場面がたくさんあります。妊娠を知っている家族や夫が非協力的であるとなおさらです。「助けてもらえない」と思うことでますますストレスが募りますし、実際、ストレスに耐えられない精神状態になっていることもよく見られることです。

このとき一番頼りになるのはやっぱりご主人やパートナーでしょう。何しろ、赤ちゃんのお父さんなのですから。実家が近所であるとよりベターです。遠慮せず、甘えられるところに甘えましょう。しかし、甘えられない妊婦さんもたくさんいます。結婚して実家から遠いところに住んでいたり、ご主人の仕事が忙しすぎて手伝ってもらえなかったり、シングルマザーで赤ちゃんを育てていこうと思っている女性だっています。

甘えられるところは、身内だけではありません。保健所や行政サービスも、気後れせずにコンタクトを取ってください。病院で相談することもできます。もしかしたら、思っていたような反応がなくてがっかりすることだってあるかもしれません。けれど、思いがけない手助けが得られることもあります。また、ご主人が手伝ってくれないことを嘆くより、ほかの手助けを借りられればそれで余計なけんかもしなくてすむものです。あの手この手のしたたかさは、これからお母さんになっていく上で、とても大切なものです。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース