スポンサード リンク
頭痛・めまい・発熱の症状

風邪を引いたような熱っぽさ、だるさ、それが妊娠に気づくきっかけとなることがあります。妊娠初期は高温期が続くため、普段より熱っぽく感じるのです。実際、平熱より0.5~1度くらい体温が高くなっています。発熱に弱い体質の人は、1度とはいえ体の負担感はぬぐえません。妊娠初期にかぜを引いたと勘違いする人が多いのはこのためです。

また、頭痛やめまいに悩まされることも多いでしょう。自分の中に命が宿るという急激な環境の変化に体が順応するには時間がかかります。つわりによる吐き気などの症状にも慣れていないため、体が緊張し、ますます自律神経が乱れてきて連鎖的にさまざまな症状が起こってくるのす。頭痛やめまいはそれだけでも戸惑ってしまうものですが、吐き気や嘔吐などの症状もあわせて起こっていることが多いのでなおさらです。

妊娠すると赤ちゃんへの影響を考えて薬が原則飲めなくなります。熱っぽくても頭痛がしても、じっと我慢して治まるのを待つしかありません。つわりは母体を休息させるために起こるという考えもありますから、ゆっくり休みなさいという体からのメッセージと受け取りましょう。自分が楽になれる姿勢や、湯たんぽで体を温めたり、あるいはお絞りで額を冷やしたりして気持ちよくなる方法を探ってください。無理をせず、ビデオを見たり読書をしたり、できることをしながら体調の回復を待ちます。つわりも日を重ねるうちに、少しずつ慣れてきます。やり過ごす方法もきっと見つかってきます。

次の記事 >> 便秘や下痢になる
つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース