スポンサード リンク
においに敏感になる

つわりが始まると、ほとんどの人はにおいに敏感になります。特に湿気を含んだ温かいにおいで吐き気を催すというケースが多いようです。ご飯の炊けるにおいや料理をしているときの湯気、お風呂のにおいなどがもっとも身近にあるものでしょう。また、生ごみやタバコ、ガソリンのにおい、スーパーマーケットでの生魚や生肉、また、人ごみそのものの空気がたまらない人もいます。このように考えると、人の生活そのものとにおいは切り離せないもののように見えます。

においのある空間にいることは、つわりを悪化させてしまいます。できるなら気分が悪くなるにおいには近づかないほうがいいのですが、圧倒的に主婦が多いと考えると、食事の支度から解放されることはとても難しいことです。もちろん、夫が家事を替わってくれたら、それほど望ましいこともないのですが、仕事から帰宅して家事をこなして妻をいたわることも、とても難しいことでしょう。

つわりの時は、家事がきちんとできなくても仕方がないとあきらめましょう。家の中が散らかっていたり汚れていたとしても、さしたる支障はありません。ご飯はお弁当だって出来合いのお惣菜だっていいのです。買い物に行くのが大変ならば、生協や半調理品の宅配を利用しましょう。今は出来合いのものイコール添加物を使った良くないもの、というようなことはありません。品質のよい物を揃えている信頼できる業者もたくさんあります。まだつわりが始まっていないけれどこれから、という人も、ぜひ友達や近所の人に尋ねたり、雑誌やインターネットなどで、いざというときに頼れる業者を見つけておいてください。出産が終わってからも、きっと役に立ってくれるでしょう。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース