スポンサード リンク

吐き気と嘔吐は、つわりの中でももっとも良く見られる症状で、ほとんどの妊婦が経験するものです。一日の中でも特に吐き気を感じる時間帯が決まっている人や、一日中ずっと気持ちが悪い人、空腹で吐き気を催す人や、食べて吐いてしまう人、またはその両方など、人によって症状もさまざまです。においに反応する人、おしゃべりやあくび、歯磨きでも嘔吐を催す人もいます。

吐き気や、実際に食べても吐いてしまうことで、もっとも注意を要することは、知らず知らずのうちに脱水症状や飢餓状態に陥ってしまうことです。つわりの期間の間はとにかく気分が悪いので、脱水や飢餓の状態になっても単なるつわりだと考えて我慢してしまうケースもあります。がんばり過ぎないように気をつけなければなりません。一日に5~6回吐いてしまう、ということはよくあるケースで、10回以上も吐いてしまい夜も眠れないという人もいるほどです。毎日車に酔っている、毎日二日酔い、なんていうことは男性には想像することも難しいのではないでしょうか。

また、つわりによって水分や食物を摂取できなくなると、便秘になりがちです。妊娠するとホルモンバランスの変化により、便秘や下痢になりやすいものですが、つわりで食べられないと余計に、便秘しやすくなってしまいます。つわりは病気ではありませんが、病院や保健所で相談することによって、自分の知らなかった対処法を教えてもらったり、点滴を受けて症状が治まることもあります。症状が重ければ入院して、点滴で水分や栄養の補給をしつつ休息を取る方法もあります。つわりのつらさを我慢しすぎずに、専門家に相談しましょう。

何かを口に入れたり、食べていないと気分が悪くなってしまうつわりの症状を、食べづわりといいます。食欲、というよりも、空腹になると吐き気がしてきて、食べていないといられないのです。食べつわりも人によって、また時期によって症状はさまざまです。胃が空にならないように少しずつ食べていれば、気分が悪くなることはないという状態から、食べても気持ちが悪くなる、またはせっかく食べたのに吐いてしまう症状まであります。

食べつわりだけが単独で起こることはほとんどなくて、吐きつわりと同時進行というケースがほとんどです。幸い、食べられる分脱水症状や飢餓症状は出にくくなるのでその点は吐いているだけのつわりよりは安心ですが、つらいことは変わらず吐きながらも食べることで、つわりの時期からの体重増がみられます。体重の増加は妊娠期間には特別な意味があります。体重増加が大きい人ほど、妊娠中毒症にかかる割合が大きくなることがわかっていますし、産道に脂肪がつくと赤ちゃんが出てきにくくなってしまいます。妊娠初期から体重が増えてしまうと、つわりが治まって食欲が増してくる妊娠中期以降に食欲をセーブしなければなりません。

かといって空腹で気分が悪くなってしまう以上、食べるしかないことも確かです。できるだけカロリーの少ないものを少しずつ小分けにして食べるようにしてください。つわりの最中は、特定のものしか食べられないことも良くあります。そのときは栄養バランスなどはあまり考えず食べられるものを食べましょう。つわりが治まってきたら、それから栄養バランスや体重に注意していけばいいのです。

つわりが始まると、ほとんどの人はにおいに敏感になります。特に湿気を含んだ温かいにおいで吐き気を催すというケースが多いようです。ご飯の炊けるにおいや料理をしているときの湯気、お風呂のにおいなどがもっとも身近にあるものでしょう。また、生ごみやタバコ、ガソリンのにおい、スーパーマーケットでの生魚や生肉、また、人ごみそのものの空気がたまらない人もいます。このように考えると、人の生活そのものとにおいは切り離せないもののように見えます。

においのある空間にいることは、つわりを悪化させてしまいます。できるなら気分が悪くなるにおいには近づかないほうがいいのですが、圧倒的に主婦が多いと考えると、食事の支度から解放されることはとても難しいことです。もちろん、夫が家事を替わってくれたら、それほど望ましいこともないのですが、仕事から帰宅して家事をこなして妻をいたわることも、とても難しいことでしょう。

つわりの時は、家事がきちんとできなくても仕方がないとあきらめましょう。家の中が散らかっていたり汚れていたとしても、さしたる支障はありません。ご飯はお弁当だって出来合いのお惣菜だっていいのです。買い物に行くのが大変ならば、生協や半調理品の宅配を利用しましょう。今は出来合いのものイコール添加物を使った良くないもの、というようなことはありません。品質のよい物を揃えている信頼できる業者もたくさんあります。まだつわりが始まっていないけれどこれから、という人も、ぜひ友達や近所の人に尋ねたり、雑誌やインターネットなどで、いざというときに頼れる業者を見つけておいてください。出産が終わってからも、きっと役に立ってくれるでしょう。

つわりというよりも妊娠すると、食べ物の好みががらっと違ってしまうことはよくあります。普段は好き嫌いなく何でも食べていた人が、特定のものしか食べなくなったり、妊娠する前は大嫌いだったものが大好きになったりします。子どもではなく大人がそうなるのですから、不思議ですよね。よくレモンなどのすっぱいものといいますが、そうとは限りません。むしろ淡白な食生活をしていた人が、油っぽい揚げ物を好むようになることもあって、これもまた、人それぞれです。好みというより、食べられるものが毎日のように変わってしまうというケースもあります。

赤ちゃんがお腹の中で育っているのでなおさらですが、バランスのよい食生活がいいことがわかっていても、とてもそうできない状態になります。けれどそれも一時のこと、気にせず好きなものを食べましょう。妊娠初期の赤ちゃんはとても小さくて、お母さんがつわりで何にも食べられなくても、レモンばっかりでも、フライドポテトばっかりでも、ちゃんと必要な栄養分はお母さんの体からもらえるようになっているので心配ありません。

つわりが落ち着いてくれば、また、バランスのよい食生活に戻れます。気をつけたいのは、つわりが収まってからも、おいしいと思うものを食べ続けることです。油っぽいものを食べ続けたら、、、わかりますよね。赤ちゃんが生まれれば、また食べ物の好みも戻ってしまいます。今、おいしく感じるもの、それは今だけの感覚だと楽しんでしまうのもいいかもしれません。

妊娠した途端に、寝ても寝ても眠くてたまらなくなってしまうことがあります。これも、つわりの一種です。妊娠すると分泌される黄体ホルモンが原因と考えられます。黄体ホルモンは妊娠を維持していく上で不可欠なものなのですが、麻酔のような作用があり体の動きが鈍くなったり強い眠気を感じたりするようになります。いくら寝ても寝たりないようになり、12時間、16時間眠ってもまだ眠いというケースもあります。

病気ではなく一時的な生理現象ですから、眠れる環境にある人は、眠ってしまうほうがいいでしょう。つわりの時は眠れないという人もいますから、眠れることは体の休養が取れていいことです。けれども、仕事をしていたり、上の子の世話があって寝てはいられない人にとっては、耐え難い苦痛になることもあります。

強い眠気に襲われるというつわりは社会の中であまり認知されていません。単なる疲れと周囲が思っているうちはまだしも、だらけているようにも見えてしまいます。仕事をしながら眠ってしまうことが許される職場はなかなかないでしょう。また、周囲に説明しづらく、説明しても共感してもらえるとは、妊娠した本人がおそらくは思えないのではないでしょうか?働きながら眠気のつわりを耐えてるのはとても大変です。また、車を運転している時は特に、眠気を感じたら駐車して休むように強く意識していないといけません。自衛手段としてガムや飴で眠気を紛らわす他には、できるだけ眠る時間を作るしかありません。

あまり多数ではないのですが、妊娠すると喉に異物が挟まっていたり、首を締め付けられるような感覚がずっと続く人がいます。また、喉の奥がむくんではれたように感じたり、食べ物が喉元まで詰まっているような感じに悩まされる人もいます。これらもつわりの一種です。

喉に詰まっているものを吐き出したくても、ゲップや唾液が出てくるだけで、異物感は解消されません。無理に出そうとすることが嘔吐につながって余計につわりを悪化させてしまうこともあります。喉が傷ついてしまうまで咳き込んだり、つらくて喉をかきむしったり、夜、眠ろうとしても気になって眠ることすらできなくなってしまう人もいます。喉に異物感や不快感が付きまとうつわりは、割合としては少数派です。周りの妊婦友達に聞いても「私も」と同意を得られることが少ない分、「どうして自分だけ」と孤独感に陥りがちです。気にすれば気にするほど、不快感は増してしまうことも承知の上で、やはり何とかしないといられない気持ちになってしまうものです。

対策としては意識をそらせることが一番です。一番といっても、なかなか難しいことではありますが、自分につわりだからと言い聞かせてその状態を受け入れてしのぐしかありません。日が重なっていくうちにだんだん慣れても来るでしょう。食べたり飲んだりできる人は、のどに爽快感を与えられるものを見つけてください。また、少しずつ溶けていく氷もお勧めです。つわりは長くても10ヶ月、明日、急に抜け出ることもできるかも知れません。がんばりましょう。

風邪を引いたような熱っぽさ、だるさ、それが妊娠に気づくきっかけとなることがあります。妊娠初期は高温期が続くため、普段より熱っぽく感じるのです。実際、平熱より0.5~1度くらい体温が高くなっています。発熱に弱い体質の人は、1度とはいえ体の負担感はぬぐえません。妊娠初期にかぜを引いたと勘違いする人が多いのはこのためです。

また、頭痛やめまいに悩まされることも多いでしょう。自分の中に命が宿るという急激な環境の変化に体が順応するには時間がかかります。つわりによる吐き気などの症状にも慣れていないため、体が緊張し、ますます自律神経が乱れてきて連鎖的にさまざまな症状が起こってくるのす。頭痛やめまいはそれだけでも戸惑ってしまうものですが、吐き気や嘔吐などの症状もあわせて起こっていることが多いのでなおさらです。

妊娠すると赤ちゃんへの影響を考えて薬が原則飲めなくなります。熱っぽくても頭痛がしても、じっと我慢して治まるのを待つしかありません。つわりは母体を休息させるために起こるという考えもありますから、ゆっくり休みなさいという体からのメッセージと受け取りましょう。自分が楽になれる姿勢や、湯たんぽで体を温めたり、あるいはお絞りで額を冷やしたりして気持ちよくなる方法を探ってください。無理をせず、ビデオを見たり読書をしたり、できることをしながら体調の回復を待ちます。つわりも日を重ねるうちに、少しずつ慣れてきます。やり過ごす方法もきっと見つかってきます。

つわりの時は便秘になる原因が目白押しです。まず、ホルモンのバランスが崩れて腸の活動が鈍ります。食べられなくなったり、吐いてしまったりで食事量、水分量ともに激減して便が出にくくなります。吐き気や実際の嘔吐を繰り返す苦痛やストレスで体はいつも緊張しています。

便秘を防ぐ方法は妊娠していないときと同じです。まず食物繊維の多い食べ物をとること。一日のうちで少しでも食べられる時間を見つけましょう。食物繊維が入ったお菓子やジュースを常備して食べられるときに食べてください。こんにゃくゼリーなどもお勧めです。外に出られるくらいのつわりでしたら、マタニティーヨガやマタニティースイミングに通うのも、気分もまぎれるし運動が腸の活動を活発化してくれます。下腹部のマッサージも効果があります。

また、便秘ほどではありませんが下痢を繰り返すつわりもあります。冷たいものしか食べられないからと、そればかり食べているのはいけません。暑いからと素足で過ごしていたり、冷房の効いた室内にずっといたりするのも知らず知らずのうちに体調不良を招き下痢を誘発してしまいます。妊娠しているときの下痢は、脱水症状にもつながりやすく、赤ちゃんにも危険です。ひざ掛けやカーディガンなど、体を冷やさないように一枚余分の衣類を用意しておくと便利です。便秘、下痢ともに、ひどいときは医師に薬を処方してもらってください。我慢すると取り返しのつかないことになりますから、少し早めに病院で相談してください。

妊娠すると唾液が増加します。ホルモンの影響で粘膜が不安定になり、鼻詰りや喉の乾燥も起こりやすい状況にあります。つわりが始まり、吐き気がひどいときは唾液を飲み込むこともできなくなってしまいますし、唾液のにおいでまた吐き気を催すこともあります。また、絶えず出続けてしまうことで、常に唾液を吐き出し続けなくてはいけなくなり精神的なダメージが相当大きくなります。

妊娠していなくても、船酔いや車酔いで吐きそうになるとき、まず急激に唾液が出てくることを経験している人は多いでしょう。出てくる唾液の量に個人差はありますが、気になりだすと少しでも口の中に唾液がたまっただけで吐き出さずにはいられません。仕事をしていたり、外へ出ているときは人目もあるので余計に大変です。

あめやガムを食べられる状態にある人は、常に口の中に入れておくと唾液を飲み込みやすくなります。氷も唾液を薄めてくれるし冷たいので飲み込みやすくなります。しかし、まったく食べられない人は、身の周りに洗面器やバケツを常備しておきいつでも吐き出せる用意をしておくしかありません。家族の理解も必要です。

医師に相談するのもいいでしょう。相談の際には「唾液が多くてつらい」という訴え方ではなく、具体的に唾液の出てしまう量(夜中に洗面器3/1ほど、等)をできるだけ具体的に伝えるようにしてください。また、同時に吐きつわりにもなっているときは、唾液が出てしまうことで脱水症状が心配されます。脱水症状が改善されることが、唾液過多を止めるきっかけになることもありますから、「唾液だから」と甘く見ないように注意しましょう。

つわりがひどいときに限らず、体調が悪いときには誰だっていらいらしたり憂鬱になったりします。妊娠してホルモンバランスが崩れると、それに拍車をかけますから、つわりの時期に気持ちが沈み込んだり、いらいらしたりするのは、ごく当たり前のことです。

妊娠が確認されると喜びとともに誰でも不安になります。特に第1子を身ごもったばかりの女性は、これからまったく未体験のことが続いていくのですから。そしてつわりが始まると身体的な苦痛が加わります。つわりのひどい妊娠初期は外見からはまったくわからないし、産婦人科の病院に行けばそこに妊婦はたくさんいますが、社会の中で知りあいと一緒に妊娠することなんてできないのです。妊婦は必然的に「一人だ」と感じてしまう場面がたくさんあります。妊娠を知っている家族や夫が非協力的であるとなおさらです。「助けてもらえない」と思うことでますますストレスが募りますし、実際、ストレスに耐えられない精神状態になっていることもよく見られることです。

このとき一番頼りになるのはやっぱりご主人やパートナーでしょう。何しろ、赤ちゃんのお父さんなのですから。実家が近所であるとよりベターです。遠慮せず、甘えられるところに甘えましょう。しかし、甘えられない妊婦さんもたくさんいます。結婚して実家から遠いところに住んでいたり、ご主人の仕事が忙しすぎて手伝ってもらえなかったり、シングルマザーで赤ちゃんを育てていこうと思っている女性だっています。

甘えられるところは、身内だけではありません。保健所や行政サービスも、気後れせずにコンタクトを取ってください。病院で相談することもできます。もしかしたら、思っていたような反応がなくてがっかりすることだってあるかもしれません。けれど、思いがけない手助けが得られることもあります。また、ご主人が手伝ってくれないことを嘆くより、ほかの手助けを借りられればそれで余計なけんかもしなくてすむものです。あの手この手のしたたかさは、これからお母さんになっていく上で、とても大切なものです。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり関連ニュース