スポンサード リンク
つわりがない人とひどい人

つわりがほとんどなくて妊娠中もそれ以前と変わらない生活が送れる人がいる一方で、吐き気が止まらない、立っていることもできない、上の子の面倒を見てあげたいのに体を動かせない、そんなひどいつわりに苦しむ人もいます。つわりとは一言にくくれないほどに、症状も期間も個人差が大きすぎるものです。趣味や仕事で気を紛らわせられるつわりは中程度と考えられます。仕事や家事を助けてもらわないといけないほどのつわりも、決して珍しくはありません。同じ吐き気でも、空腹で気持ち悪くなる人と、食べると吐いてしまう人がいて対処の仕方が違います。

つわりは明日終わるかも知れないし、ずっと続くかも知れない。大切なのは、自分の体と向き合うことです。自分の体に起こっていることを受け止めてあげてください。そして、新しい命が自分の中で育っていることを常に思い出してほしいのです。もちろん、つわりは妊娠すればほとんどの女性が経験するものではあります。しかし、そのために、社会の中で軽く見られがちであることは否定できません。

ひどいつわりを経験している人ほど、精神的にも追い込まれています。ほんの些細な言葉に傷つけられて、さらにつわりをひどくしてしまうこともあるのです。妊娠してつわりが重くなるか、軽くなるかは、その女性の人格や精神性には関係ありません。また、その苦しみは赤ちゃんの父である配偶者ですら替わってあげることもできないものです。周囲の人ができることは、ただ理解して寄り添ってあげることだけです。

つわり対策はできてますか?
私もひどいつわりを経験しましたが、これを読んで自分がいかに妊娠する準備ができていなかったんだろうと実感しました。また、つわりだけでなく妊娠中から出産までの過ごし方も大変勉強になりました。
つわり時期の症状と対策ガイド 新着情報

つわりについてご紹介します。生理の予定日を過ぎても始まらないことがありますよね。「もしかしたら、妊娠したのかな?」と思い始めたころ、吐き気がしたり、熱っぽかったり、体調が悪くなることがあります。妊娠していた場合には、それがつわりの始まりです。つわりとはなぜ起こるのか?その原因は確定されていないのです。主に、ホルモンバランスの崩れから自律神経が不安定になってしまい体の不調が現れる、というように一般的には考えられています。

妊娠すると、hCGというホルモンや黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、すなわち女性の体が妊娠を継続して赤ちゃんを体内で育てていこうと変化していくということなのです。その変化が急激に起こるため自律神経が乱れてしまいます。また、急にお腹の中で育ち始めた赤ちゃんを体がなかなか認知することができなくて異物と捉え拒否しているのではないか、という考えもあります。また、流産をしないように母体が動けないようにしている、環境の変化で精神が不安定になり体に変調をきたす、というようにつわりの原因として考えられるものは多くあります。

吐き気や嘔吐などの、つわりは妊娠した女性の多くが経験しており病気ではなく生理現象です。まずは様子を見ながら、自分自身が適応していく方法を探っていきましょう。赤ちゃんはお腹の中で、しっかり守られています。女性の体に自然に備えられている、妊娠出産のメカニズムはすばらしいもので、つわりでお母さんが苦しんでいることが、赤ちゃんに影響することはありません。お母さんは自分の体を思いやりつわりを乗り越えていきましょう。

つわり関連ニュース